JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ウォッカ 絶対に負けられない戦い[2009年]

実績は断然の存在

 2009年・第4回ヴィクトリアマイル。それはウオッカにとって、絶対に負けられない一戦といえた。

 なにしろウオッカの実績は、出走メンバーの中で図抜けていた。ここまでGIは阪神ジュベナイルフィリーズ、日本ダービー、安田記念、そして天皇賞(秋)と計4勝だ。

 オークスと秋華賞の二冠馬カワカミプリンセス、桜花賞馬レジネッタ、エリザベス女王杯勝ち馬リトルアマポーラも出走していたが、牡馬を倒してGIを勝ち取ったのはウオッカだけ。ほかに牡牝混合の重賞勝ち馬としてはハンデ戦の福島記念と新潟記念を差し切ったアルコセニョーラがいるくらいで、まさにウオッカは「1頭抜けた存在」だったわけだ。単勝オッズ1.7倍の断然人気に推されたのも当然といえただろう。

前年2着の雪辱戦

ウォッカ写真

 そんなウオッカにも不安がないわけではなかった。

 前年、ドバイデューティーフリーで4着と敗れ、帰国初戦として臨んだのがこのヴィクトリアマイル。1番人気に推されたものの、エイジアンウインズに半馬身差届かず2着に敗れている。この年もドバイ遠征を敢行、G2のジュベルハッタで5着、G1のドバイデューティーフリーでは7着と、世界の強さを身に染みて帰国したところだった。

 「また昨年と同じ結果になるのでは?」
 多くの者がそう考えても、不思議ではなかったはずだ。

 しかし、だからこそウオッカは勝たねばならなかった。最強女王であることを立証するために、昨年の雪辱を果たすために、このレースだけは絶対に負けられなかった。

7馬身差で完勝

 そしてウオッカは、これ以上ない形で自らに課された大命題を完遂することになる。

 最内1番枠から逃げるショウナンラノビアを、ブーケフレグランス、ヤマニンメルベイユ、ブラボーデイジーが差なく追う。これら先行勢を見る5〜6番手で、ウオッカは歩を進めた。そして直線へ。ウオッカは持てるパワーを一気に解き放つ。

 瞬く間に先行勢の間を割って抜け出す。懸命に追いすがろうとするカワカミプリンセスやリトルアマポーラも突き放す脚色だ。さらにウオッカは加速し、2着に逃げ粘ったブラボーデイジーに7馬身もの差をつけて堂々とゴールを駆け抜けてみせる。

 誰にも文句のつけようのない、まさに女王らしい、完璧なる勝利であった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN