G1特集 第11回 ヴィクトリアマイルG1特集 第11回 ヴィクトリアマイル

調教情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > ヴィクトリアマイル > 2016 > 調教情報

ミッキークイーン

前走後は放牧を挟んで4月26日に栗東へ帰厩。翌日からきちんと乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週は浜中騎手を背にWコース併せ馬で、先週は4角で4頭横並びの最内から、終い追われてきっちり最先着。今週は軽めにとどめたが、強めに追われる僚馬を尻目に、馬なりのまま楽々先着と軽快な動きを見せた。万全の状態に仕上がっている印象だ。

ショウナンパンドラ

同じ臨戦過程だった昨年は4月下旬から坂路入りを再開していたが、今年は前走の4日後に早くも馬場入りを再開してしっかり乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。今週は助手を背に坂路で単走追い。いつものように終い重点だったが、馬場の荒れた時間帯で手応えに余裕を残してのラスト200m12.5秒は、上々の末脚といえる。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

スマートレイアー

阪神牝馬Sから中4週という臨戦過程は今年で3年連続で、過去2年に比べると追い切り本数が若干少ないが、その分ここ2週は速い時計を出しており、調教量に不足はない。今週は助手を背に坂路で単走追い。ほぼ馬なりで終いだけ軽く促された程度だが、800m52.5秒、ラスト200m12.6秒ときっちり負荷はかけられた。輸送が課題の馬だが、現時点では好仕上がりだ。

ルージュバック

前走後は放牧を挟んでレースの15日前となる4月30日に美浦へ帰厩。昨年のオークス時はレース12日前に帰厩して好走したように、帰厩時期が遅い点は全く問題ない。今週は助手を背にWコースで、実質800mからの3頭併せ。4角で内から2頭に並びかけ、終い軽く追われて中の馬に先着、外の馬と併入した。動きも素軽く、実力を出し切れる好状態と見ていい。

マジックタイム

前走後は放牧を挟んで4月28日に美浦へ帰厩。翌日からきちんと乗り込まれており、調整過程は順調そのものといえる。ここ2週はWコースで僚馬と併せ、先週は宮崎騎手を背に3頭併せで最先着。今週はボウマン騎手を背に格下馬を追いかける形から、軽く気合をつけられながらじわじわ差を詰めて最後は併入に持ち込んだ。前走時の好状態を維持できている。

その他の出走馬

ストレイトガールはWコースで先週、今週と2週続けて意欲的な追い切りを消化しており、動きも悪くなく休み明けの前走時より良化傾向。クイーンズリングは今週の坂路でM.デムーロ騎手を背に軽快な動きを見せて格下馬に先着。馬体減りも見られず、絶好の仕上がり。シュンドルボンは放牧から4月7日と早めに帰厩し、軽め中心ながら10本近い追い切りをこなしており、動きも良く実力をきっちり出し切れる状態だ。