JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第7回 ヴィクトリアマイル特集 2012年5月13日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝1600m

【アパパネ】

前走後もしっかり調教を積まれており、調整過程は順調だ。ここ2週は左回りのダートコースで蛯名騎手を背に、僚馬と併せ馬を消化。先週もハードに追われたが、今週は残り1400m地点からベースアップする猛調教で、1200m79秒台の好時計をマークした。追い出されるとシャープに伸びたように動きも良く、馬体も絞れて状態は確実に上向いている。

【マルセリーナ】

前走がデビュー以来最低体重での出走で反動が心配されたが、中間も緩めることなくきちんと調教されており、調整過程に問題はない。今回も追い切りはすべてWコースで、ここ2週は僚馬と併せ馬。先週は重い馬場で1000m66秒台と負荷をかけた調教を消化し、今週は終いだけ追われる形だったが、軽快な動きで僚馬に先着した。好調キープと見てよさそうだ。

【オールザットジャズ】

前走から中2週で再度の関東遠征になるが、軽め中心とはいえ今月に入ってからは連日のように時計を出しており、意欲的な調整過程には好感が持てる。今週はWコースで藤岡佑騎手を背に、先行する僚馬2頭の最内に入る併せ馬。馬なりのまま最先着し、ゴールすぎに少し追われた。ラスト200mで追わずに11秒台というのは破格の好時計で、目下絶好調という印象だ。

【フミノイマージン】

前走後は短期放牧を挟んだが、すぐに帰厩してここ3週はきちんと追い切られており、中間の調整過程は順調だ。先週はWコースで池添騎手を背に僚馬と併せ、少し遅れたものの馬場の大外を回ってしっかりと動けていた。今週はPコースで助手を背に終始馬なりだったが、軽快な脚さばきは目についた。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

【ホエールキャプチャ】

約2ヶ月ぶりの実戦になるが、短期放牧から帰厩した4月中旬以降は入念に乗り込まれており、調教量は十分だ。先週はWコースで長めから追われ、馬場の大外を回って1000m66秒台と負荷をかけた内容。今週は坂路で馬場の荒れた時間帯ながら、ラスト200mで11.8秒をマークするシャープな伸び脚を見せた。実力通りに走れる状態と見ていいだろう。

【ドナウブルー】

前走後は短期放牧を挟んだが、4月中旬からはきちんと追い切られており、調教量に不足はない。ここ2週は坂路で荻野要騎手を背に追われ、先週は荒れた馬場を物ともせず力強い伸び脚で僚馬に先着。今週は800m51.8秒の自己ベストをマークする絶好の動きを披露した。現時点では好状態だが、前回は大幅に馬体を減らしてしまった関東遠征が課題になる。

【レディアルバローザ】

前走後もきちんと追い切りを消化しており、調整過程は順調だ。ここ2週はPコース単走で追われ、先週は助手を背に強めに追われたが、動きはやや緩慢な印象。今週は福永騎手を背に、直線に向いて若干気合いをつけられた程度だったが、1000m63秒台、ラスト200mも11秒台と、先週から一変の好調教だった。好状態と見てよさそうだ。

【クィーンズバーン】

前走後は短期放牧に出されたが、栗東への帰厩が5月に入ってからと遅めで、調教量はやや物足りなく感じる。中間の追い切りはすべて坂路で助手を背に単走で、6日の日曜に800m51.7秒の自己ベストをマーク。今週はほぼ馬なりの微調整だったが、軽く気合いをつけられた終いは素軽い動きを見せていた。変わりなく好状態といえそうだ。

【その他の出走馬】

アプリコットフィズは昨年と同じ中5週での参戦だが、今年は追い切りの本数を増やしており、動きもまずまずで実力を出し切れる状態。アスカトップレディは中2週ながら追い切りの本数が豊富で、動きも良く好状態といえそう。グランプリエンゼルは先週、今週と坂路でしっかり追い切られており、状態面に問題はなさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN