JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ヴィクトリアマイル特集
レース情報 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

ヴィクトリアマイルとは

古馬牝馬の女王決定戦

 かなり長い間、牝馬戦といえば3歳の3冠レース(クラシック競走である桜花賞&オークスと、エリザベス女王杯)のみであった。1991年、「阪神3歳(旧表記)牝馬ステークス」(01年阪神ジュベナイルフィリーズに名称変更)が加わったが、古馬牝馬のGIはなかった。これには「牝馬は早く引退して繁殖に上がるべき」という考え方が根底にあったようである。

 しかし、欧米では古馬牝馬のGIは珍しくないし、実績ある古馬牝馬はどうしても牡馬混合のレースを走らざるを得ず、厳しい戦いを強いられる。ならばJRAでも古馬牝馬の目標レースをつくろうと、96年、エリザベス女王杯を古馬に開放。これによって、古馬牝馬の目標となるGIレースができた。そして2006年、今度は「春の古馬女王決定戦」をつくることになる。それが「ヴィクトリアマイル」である。

 競走名の「ヴィクトリア」は、ローマ神話に登場する「勝利の女神」の意だ。4歳以上牝馬限定の国際レース、定量、地方馬の出走も可能。東京芝1600mという条件で第1回が行われ、ダンスインザムードが初代女王の座についた。

ヴィクトリアマイル写真歴史はこれから作られる

 今回が4回目。なにしろ3回しか行われていないから、まだこれから歴史をつくっていくことになる。

 第1回は、1番人気の桜花賞馬ラインクラフトがよもやの大敗。一世代前の桜花賞馬ダンスインザムードが勝って、秋華賞馬エアメサイアが2着に入った。ガチガチの本命馬券ではないが、いわば実績馬どうしの決着と言えるだろう。

 第2回は、逆に大波乱。秋華賞馬カワカミプリンセス、秋華賞・エリザベス女王杯・宝塚記念の覇者スイープトウショウが見せ場もなく大敗。12番人気コイウタ、9番人気アサヒライジング、8番人気デアリングハートと入って3連単228万円の大万馬券が飛び出した。

 第3回は、ウオッカが断然の1番人気に支持されたが、追い込み届かず2着。勝利したのは前走で重賞初勝利を飾ったエイジアンウインズ。3着には後にマイルCSを勝つブルーメンブラットが入った。上位3頭は1〜5番人気以内で、ウオッカの敗戦はあったが、平穏な決着だったと言えるだろう。

 この3回を見ても、傾向は特に見当たらない。今後、3歳クラシックで活躍した馬が順当に上位を占めるのか、それとも古馬になって力をつけた馬が頂点へ上りつめるのか。それは、第10回あたりまで見てからわかることなのだろう。

牡馬混合マイル戦組が活躍

 主なステップレースは、中2週の福島牝馬Sと中4週の阪神牝馬S。しかし福島牝馬Sからは1頭も好走馬が出ていない。阪神牝馬Sは1着1回2着2回3着1回だが、出走頭数も多いため優秀な成績とは言えない。

 注目は牡馬混合マイル戦組。1年目はマイラーズC組が1、3着。2年目はダービー卿CT組が1、3着を占めた。昨年は牡馬混合マイル戦組の好走馬は出なかったが、2着ウオッカの前走はドバイDF。前走で牡馬混合重賞を使っている馬の活躍が目立つようだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN