JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
ヴィクトリアマイルマイル特集

ウオッカ

ドバイ遠征帰りもあってトレセンへの帰厩がレースのわずか2週間半前となり、日程的には若干厳しい調整を強いられた。ただその後は急ピッチの乗り込みで、1週前追い切りでは軽めながらも素軽い動きを披露。今週は武豊騎手が乗り、大きく先行していた2頭を直線できっちり抜き去る豪快な動きを見せた。重い馬場だけに時計も上々で、仕上がりは上々と言えそうだ。

ベッラレイア

7ヶ月ぶりと長期休養明けのレースになるが、4月中旬に坂路800mで57.7秒をマークして以後、1週前追い切りまで4週連続で秋山騎手が跨り入念な追い切りをこなした。2週前には馬なりで50.8秒をマークするなど動きの方も良好。今週は荻野騎手が乗り、折り合いついた走りで動きは軽快そのもの。きっちり仕上がったと見てよさそうだ。

ニシノマナムスメ

1週前追い切りは長めから飛ばしたためラストはさすがにバテ気味だったが、CWコースで1200m80秒前後の自己ベストタイムを出すハードな追い切りを消化。その分今週はやや控え気味ではあったが、それでも1000m66秒台前半というのは馬場状態を考慮すると速く、ラスト200mも12秒台半ばをほとんど馬なりでマークする絶好の動きを見せた。素晴らしい状態で大一番に臨めそうだ。

ローブデコルテ

前走から中4週での出走になるが、中間は軽いものも含めてかなりの調教本数をこなしており、意欲的な調整を見せている。1週前は長めからの併せ馬で併走馬に若干遅れを取ったが、時計も速く手応えにも余裕が残っており動きは悪くなかった。今週は単走ながら前半から飛ばしてラスト脚色一杯という形だが、フォームは崩れず好印象の走り。仕上がりは良さそうだ。

ブルーメンブラット

中4週ながら速い追い切りは先週と今週の2本と少なめも、仕上がり早のタイプでその点に関しては全く問題ない。1週前はラストで手綱を軽く動かしただけだが、坂路で上がり400mを12.0-12.1秒と素晴らしい切れ味を見せた。今週もやや重めの馬場をものともせず、800m51.7秒、ラスト200m12.2秒と好タイムをマーク。絶好調と見ていいだろう。

ジョリーダンス

軽めの調教で出走することも多い馬だが、この中間は3週連続で強めの追い切りを消化しており、巻き返しへ向けて意欲的な調整になっている。動きの方も、先週、今週と直線に向いて追い出すと併走馬を一気に突き放す鋭い伸び脚を見せている。衰えも感じさせず、好状態で出走できそうだ。

エイジアンウインズ

中4週とゆったりした間隔ではあるが、今月上旬まで時計も出さず、中間の調教量がいつもに比べ少なめなのは若干気になるところ。ただ関東への遠征を控えているだけに、許容範囲とは言えそうだ。今週は坂路800mで50.9秒を叩き出し、自己ベストタイムはもちろん今週の一番時計をマークしており動きも良好。好調キープという印象だ。

マイネカンナ

前走から中2週と間隔詰まっていることもあり、中間は1週間前の日曜日に坂路で軽め、今週の最終追い切りもWコースで馬なりという調整になった。格下馬との併せ馬ではあったが、追走から直線で並びかけると手綱を激しく動かす併走馬を尻目に余裕十分の軽快な動きを披露。疲れも感じられず引き続き好状態と見てよさそうだ。

その他の出走馬

ヤマニンメルベイユはポリトラックコースで3頭併せの大外を回り、追走からの最先着と豪快な動きを見せており、引き続き好調子をキープ。レインダンスは意欲的な追い切りをこなしているが、動きは昨秋の好調時に比べるとまだ一息の印象か。ピンクカメオは荒れた馬場でも手加減せずのハードな追い切りを消化しており、巻き返しへの意欲は十分だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN