JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
宝塚記念特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報へ 調教情報 レース回顧へ

ディープスカイ

東京遠征後の中2週になるが、前走から4日後には早くも馬場入りしており、この中間は意欲十分の調整過程と言える。1週前は坂路で後半強く追われ、ラスト400mは12.6−12.3秒の好時計をマーク。今週は雨でかなり時計のかかる馬場状態だったが、800m51.9秒と堂々の一番時計を叩き出して最終追い切りを終えた。馬体も絞れ、前走以上の状態と見て間違いなさそうだ。

ドリームジャーニー

前走後は短期放牧からレースの約2週間前にトレセンへ帰厩するいつも通りの過程で、順調に調教を積まれている。1週前は終始馬なりながら1000m65秒台としっかりした追い切りを消化。今週は終い重点だったが、雨でかなり重くなっている馬場を物ともせず、追い出されると鋭く反応して抜群の伸び脚を披露した。絶好の状態と見てよさそうだ。

サクラメガワンダー

休み明けを叩いての中3週になるが、軽めながら2週前からきちんと追い切りを消化できており、反動もなく調整は順調だ。いつもは1週前に強く追われるが、今回は最終追い切りを強めにする形。馬場悪化を考慮して木曜追いになったが、この日の一番時計となる坂路800m52.1秒をマークしてみせた。引き続き好調子をキープと見ていいだろう。

マイネルキッツ

好走した前走時と同様、今回もレースの約2週半前に栗東入りして調整されており、この中間も順調と言える。1週前は坂路で格下馬と併せて一杯に追われ、800m52.6秒、ラスト200m12.9秒とまずまずのタイムをマーク。今週はDWコースで馬なりに終始したが、軽快な動きが目についた。やや馬体減っている点は気がかりだが、調子自体は悪くない。

アルナスライン

前走から中7週とゆったりした間隔とはいえ、6月に入ってから今週まで4週続けてハードに追われるなど、前回同様に今回も意欲十分の調整過程には好感が持てる。最終追い切りでは左にヨレる癖を出したものの、びっしり追ってラスト600m13.1−13.0−13.3秒と時計的にも安定した走りを見せた。前走時の好状態をしっかり維持している印象だ。

スクリーンヒーロー

前走後は短期放牧を挟んだが、トレセンへ帰厩後のここ1ヶ月間は入念に乗り込まれており調整過程に不安はない。2週前に坂路で800m53.1秒の時計を出し、先週はごく軽めの追い切りに終始。今週はWコースで格下馬と併せたが、4角回って珍しくステッキが飛ぶ意欲的な最終追い切りを披露した。自分の力は出せる仕上がりと見ていいだろう。

カンパニー

東京遠征後の中2週になるが、この中間は速めの時計を3本も出すなど意欲的な調教を積んでいる。1週前はいつも通り坂路で生野騎手が乗り、余裕残しの手応えで800m52.4秒の好時計をマーク。今週は岩田騎手が初めて乗り、前半こそややかかり気味だったが、ラスト軽く追っただけで鋭い伸び脚を見せた。かなりの好状態と見てよさそうだ。

アドマイヤフジ

前走から中6週と若干間隔あいたが、ここ3週続けて坂路で強い追い切りを消化しており調教量は十分と言える。最終追い切りで出した坂路800m52.8秒はこの日4番目に速いタイムだが、上位3頭は馬場整備後の走りやすい時間帯でマークしたもので、遅い時間の荒れた馬場を走ったこの馬は相当の高評価ができる。調子自体はかなり良さそうだ。

その他の出走馬

インティライミは調教駆けする馬とはいえ、長めからびっしり追われ今週のDWコースでは出色の好時計をマークする猛稽古を披露して状態は上向き。スマートギアは2週続けて控えめの追い切りになったが、間隔詰めて使い込まれているだけにこれで十分と言えそう。モンテクリスエスはここ1ヶ月間はかなりハードな調教を積まれており、巻き返しへ向けて意欲十分の調整過程だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN