JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
宝塚記念特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報 調教情報へ レース回顧へ

ディープスカイG1・3勝目を狙う前年のダービー馬

ディープスカイ写真

安田記念では勝利をつかみかけたディープスカイだったが…

 ダービー馬対決に湧いた安田記念では、その期待に応えてウオッカとの一騎打ちに。最後の直線では一旦完全に抜け出したところを、馬群を割ったウオッカに外から一気強襲されて2着に終わった。勝ちパターンのところで逆転を許し、着差以上の敗戦に映ったが、相手の強さをたたえるべきか。マイルのG1でも地力を証明したし、悲観する結果ではない。今回、距離が伸びるのは歓迎。東京芝コースよりは割引だが、阪神芝コースも【2.4.1.0】と3着以内を外していない。今回も中心的な存在となるだろう。注文を挙げるとするならば馬場状態。切れ味が身上の馬だけに、できれば良馬場でやりたい。

マイネルキッツ衝撃を与えた天皇賞(春)での勝利

マイネルキッツ写真

重賞初勝利が天皇賞(春)という大金星を飾ったマイネルキッツ

 前走の天皇賞(春)では道中内々の中団で脚を溜め、2周目の3コーナー手前から一気のスパート。痺れるような手ごたえで好位に取り付くと、そのまま直線で内を捌き、最後はアルナスラインに競り勝ちG1初勝利を挙げた。同馬とは2走前の日経賞でも接戦だったことを考えれば評価(12番人気)が低すぎた感もあるが、重賞未勝利の上、京都も3000m以上の競走も未経験で、この勝利は衝撃的だった。「6歳にして本格化」か、あるいは「ステイヤーとしての資質が高い」のか。常識的には後者と考えるのが普通で、年明けの中山金杯4着、AJC杯4着の結果・内容から、今回は厳しい条件に見えるのだが。

サクラメガワンダー4着だった前年以上の期待がかかる

サクラメガワンダー写真

力の違いを見せて金鯱賞を制したサクラメガワンダー

 今年は京都記念から始動し2着。その後は香港遠征の予定などがあり、間隔が開いてしまったが、前走の金鯱賞を快勝。本競走に向けてのローテーションは昨年と同じだが、多少余裕残しの状態でもキッチリ勝ち、初のG2以上での勝利実績を持って臨める今回は好感触。昨年は道悪の中でもしぶとく末脚を伸ばしての4着で、力をつけた今年は前年以上の結果に期待がかかる。本質的に外回りコースがベストだが、阪神芝は重賞3勝をマーク。今のデキの良さで、ディープスカイなど、すでにG1を勝っている格上馬を相手にどこまで迫れるか注目。

ドリームジャーニー条件は前走より遥かにいい

ドリームジャーニー写真

産経大阪杯でディープスカイに競り勝ったドリームジャーニー

 前走の天皇賞(春)は外から末脚を伸ばすも3着。メジロマックイーンの肌にステイゴールドという血統とは裏腹に、長距離適性はあまり持ち合わせてないタイプなので、善戦と言っていいのではないだろうか。直線が短く、マクリ差しを決められる右回りの中距離がベストの馬。2走前の産経大阪杯では、斤量差と状態面でアドバンテージがあったが、ディープスカイを差し切って勝っている。条件的には今回の方が遥かにいい。G1だけに普通に外を回って難なく差し切れる相手ではないが、前走以上の着順は十分狙える。

スクリーンヒーロー惨敗の原因は阪神大賞典の反動か?

 前走の天皇賞(春)は2番人気に支持されたが14着に惨敗。道中の折り合いは問題なかったし、ジョッキーのコース取りもほぼ完璧。が、直線に向いてからの反応がサッパリだった。明確な敗因はよくわからないが、人気を分けたアサクサキングスも失速して9着に終わったところを見ると、3走前の阪神大賞典の影響を疑いたくなる。ひどい道悪を走った反動があったのかもしれない。ディープスカイを破って金星を挙げた昨年のJC以降、あまりいいところがないが、厳しい展開となった有馬記念でも5着。右回りでも問題ないし、巻き返す力はある。

アルナスライン復調は見えたが馬場や展開がカギ

 天皇賞(春)では最後マイネルキッツに競り負けて2着に惜敗。上がり3ハロンは本馬の方がわずかに速かったが、馬場の最内と真ん中のコース取りの差が明暗を分けた。昨年秋以降は馬体が絞れずに成績が安定しなかったが、2走前の日経賞勝ちも含めてようやく復調。今回も調子が敗因となることはなさそうだ。ただし、昨年の本競走が3番人気で10着。道悪はよくなさそうで、良馬場が希望。また、超大型馬だけに東京や京都のような、広々としたコースの方がベストのタイプ。距離短縮はそれほどマイナス材料ではないが、馬場状態や展開次第で大きく着順は動きそう。

カンパニーG1では歯がゆい競馬が続く

 今年8歳のベテランだが、中山記念1着、マイラーズC2着と連続好走。前走の安田記念では大外から追い込み4着。昨年の天皇賞(秋)でもウオッカらとタイム差なしの4着で、近走の成績だけ見ればここで突き抜けてもおかしくないように見える。しかし、結局G1では【0.0.1.10】という成績。馬券に絡むか絡まないという「善戦マン」で、ギリギリ絡まないケースが圧倒的に多くて歯がゆい印象を与える。距離・コース、馬場もあまり問わないタイプだが、もはや年齢的にG1で高い評価はしにくい。今回も掲示板には乗っても、3着以内には大きな壁が立ちはだかる。

アドマイヤフジ近2走は厳しい条件もG1では

 前走の新潟大賞典はトップハンデの58.5キロに加え、内枠から先行して押し切るには難しい新潟外回りが舞台。2走前の産経大阪杯は完全な外差し馬場で、やはり先行して立ち回る馬にとっては厳しい条件だった。したがって、ここ2戦の着順だけで評価は下せない。今年の中山記念ではカンパニーとドリームジャーニーと差がない3着。昨年の毎日王冠ではサクラメガワンダーに先着しての3着で、G2クラスの力は十分にある。ただ、G1での通算成績は【0.0.0.9】。07年の宝塚記念は見せ場十分の4着だったが、カンパニーと同様、G1ではワンパンチが足りない。

インティライミ道悪は得意で昨年は3着に激走

 昨年の本競走では11番人気ながら3着に入る激走。その前の金鯱賞と産経大阪杯がいずれも7着で、復調に時間がかかるかに見えたが、急激な良化を見せた。3歳時の日本ダービーでは、連勝の上がり馬的存在で挑みディープインパクトの2着。07年の秋シーズン序盤は朝日CC、京都大賞典を連勝するなど、それなりの実績がある馬だが、好調期間が長く続かない印象。通算の休養期間が長いせいもあり、コンスタントに力を発揮できないのがネックだ。今年も金鯱賞からの参戦というローテーション。同レースでは休み明けで勝ち馬から0.5秒差の6着と悪くなかったが、これを叩いて前年並の走りを計算できるかどうか。道悪は得意なので、雨が降れば多少期待値は上がるが。

スマートギア鋭い末脚が魅力の4歳馬

 05年の朝日CCを勝ったワンモアチャッターの半弟で、兄譲りの鋭い末脚が魅力の4歳馬。2走前の晩春Sでは直線外からの差し切り勝ちで、当時の馬場状態を考えると着差以上の内容。前走の金鯱賞は5着だったが、メンバー中最速タイの強烈な決め手を見せ、勝ち馬から0.3秒差に肉薄した。昨年の菊花賞でもオウケンブルースリの4着に好走しており、重賞を勝つ日もそう遠くはなさそうだ。今回は相手が強いだけに強気にはなれないが、これからまだ伸びそうな素材。展開が向けば、見せ場ぐらいは作れるかもしれない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN