JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
宝塚記念特集

メイショウサムソン

昨年と同じく天皇賞から1ヶ月近くは速い時計を出さず、5月下旬から徐々にピッチを上げる形で、中間の調整過程は順調そのものと言える。1週前に出した1200m76秒台も速かったが、今週は長めから行きながら1200m77秒前後、ラスト200mも目一杯追われる事もなく12秒前後で併走馬を置き去りにする圧巻の動きを披露。文句なしの絶好調と見ていいだろう。

アサクサキングス

前走後は短期放牧に出し、今月に入ってから本格的な追い切りを開始。2週前には早くも1200m77秒台を出しており、これは自己ベストを約2秒も縮める素晴らしいタイムだった。1週前は追い出してからラスト200mだけで併走馬を1秒以上ちぎり、今週は単走で軽く仕掛けただけでラスト200m11秒台半ばの鋭さと、2週共に圧巻の動き。これ以上ない仕上がりで出走出来そうだ。

アルナスライン

前走から1週間後には早くも15-15程度の時計を出し始め、追い切りも2週前から順調に消化しており、中間の調整過程は順調だ。1週前は坂路800m52.4秒、ラスト200m13.2秒という時計で一見平凡に映るが、調教駆けしないのに加え、馬場の悪さも考慮すれば悪くない動き。今週は終い重点だったが、極悪馬場を物ともせずしっかりした走りを見せた。好調キープと見てよさそうだ。

ロックドゥカンブ

レースのちょうど2週間前に追い切りを開始し、1週前、最終追いときっちり3本の追い切りを消化しており、調整過程は順調と言える。1週前は格下馬の内に併せたが、一杯に追われる相手を尻目に余裕十分の動きを披露。今週はやや軽めだったが、先週とほぼ同じ様な安定した動きを見せた。大きな上積みは見込みにくいが、変わりなく好状態をキープと見てよさそうだ。

エイシンデピュティ

6月半ばから週に2本ずつの追い切りを敢行しており、この中間は大レースを意識した仕上げという印象だ。1週前は前半からある程度行かせる形で坂路800m52.5秒、ラスト200m13.1秒という内容で、目一杯追った物ではないだけに合格点と言えそう。今週は初騎乗となる内田騎手が乗り、終い重点ながらラスト200m12.4秒の鋭い伸び脚を披露した。一連の好状態をキープしている印象だ。

アドマイヤオーラ

中3週での出走になるが、追い切り開始が1週前からとやや遅め。古牡馬としては小柄な部類で前走も少し馬体減らしていた事もあるのだろうが、この点にはやや不満が残る。先週、今週共に終い重点のいつもの追い切りで、ラスト200mをびしっと追って共に11秒台をマークと動きの方は問題なし。ただ前走から、それほどの上積みを感じられない印象ではある。

ドリームパスポート

今回はレース後に短期放牧に出し、レースの2週間半前に帰厩する4〜2走前の調整過程に戻してきた。1週前は蛯名騎手が乗っての併せ馬だったが、追走したとはいえ格下馬に先着を許す重苦しい動き。ただ今週は単走ながら前半から飛ばしてゴールを過ぎてからもしっかり追われるハード調教で、時計的にも上々の内容と変わり身を見せた。前走以上の状態と見てよさそうだ。

アドマイヤフジ

前走後はしっかり休養を取り、5月下旬から約1ヶ月入念な追い切りを消化出来ており、調整過程は極めて順調といえる。2週前には早くも坂路800mで51.1秒の好時計を出し、馬場が悪くて時計出にくかった先週、今週も共に外ラチ沿いを真一文字に駆け上がって来る力強い動きを見せた。今季は高いレベルの調子を長期間に渡ってキープしている印象だ。

その他の出走馬

カンパニーは2週連続のハード追い敢行で、安田記念回避の影響はそれほど心配しなくてよさそう。エアシェイディは苦手の関西遠征を考慮した軽めの内容で、その点がどう出るか。サクラメガワンダーは先週、今週共に好調教を披露しており、調子自体は良さそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN