G1特集 第47回 高松宮記念G1特集 第47回 高松宮記念

レース情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 高松宮記念 > 2017 > レース情報

高松宮記念とは?

レース情報

春の最強スプリンターを決める高松宮記念。昨年はビッグアーサーがレコードタイムで優勝。激戦必至のスピード決戦を制するのは果たして?

春の最強スプリンター決定戦

1967年に創設された「中京大賞典」が前身。71年に高松宮殿下から優勝杯を賜ったのを機に、4歳(旧表記)以上の別定重賞「高松宮杯」として新設された。84年のグレード制導入ではG2に格付け。中京競馬場芝2000mを舞台に夏の中京開催の名物レースとして行われていた。

96年に短距離路線の整備に伴い、距離を芝1200mに短縮し、G1へ昇格。開催時期も5月となり、負担重量も別定から定量へ変更。98年に現名称の「高松宮記念」に改称。00年から現在の3月の中京開催最終週に移設。春の最強スプリンター決定戦として定着している。01年には国際競走に指定。07年から外国馬は9頭まで出走可能となった。また、一昨年からは国際スプリントシリーズ『グローバルスプリントチャレンジ』の第3戦に指定されている。

優勝馬は2つのタイプに分類

過去の優勝馬は大きく2つのタイプに分類される。デビューからスプリント路線で実績を重ねてきた馬と古馬になって短距離路線で新境地を見出した馬だ。

前者はフラワーパーク、ショウナンカンプ、ロードカナロアなど。類稀なスピード能力に磨きをかけ、スプリントの頂点へと駆け上がった。昨年はビッグアーサーが重賞初制覇をG1の舞台で飾るという快挙を成し遂げている。

後者にはキングヘイロー、スズカフェニックス、コパノリチャードらが該当。以前はスプリント以外の別路線で戦ってきた馬が芝1200mへと転向し、自身初のG1制覇を達成している。

短距離界の新王者は?

今回の高松宮記念では昨年優勝のビッグアーサーが不在。今年は新王者を決める戦いとなる。まずは昨年のスプリンターズSを制したレッドファルクス。春秋スプリントG1制覇となるか、注目だ。

逆転候補の一番手は上がり馬のメラグラーナ。前哨戦のオーシャンSを勝利し、勢いを持って王座奪取となるか。他にも京都牝馬Sで久々の勝利を飾ったレッツゴードンキ、昨年末の阪神カップの勝ち馬シュウジ、阪急杯勝ちのトーキングドラムらがスタンバイ。中京のスピード決戦を制するのはどの馬か、そのスタートが迫っている。