JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第43回 高松宮記念特集 2013年3月24日(日)15時40分発走 中京競馬場 芝1200m

高松宮記念とは

春の最強スプリンター決定戦

 1967年創設の「中京大賞典」が前身。71年に「高松宮杯」に改称され、同年が第1回となる。84年のグレード制導入ではG2に格付け。中京競馬場・芝2000mを舞台に夏の中京開催の風物詩となる。

 96年に短距離路線の整備に伴い、距離を芝1200mに短縮し、G1へ昇格。開催時期も5月となり、負担重量も別定から定量へ変更。98年より現在の「高松宮記念」に改称。00年から3月の中京開催最終週に移設され、春の最強スプリンター決定戦として定着している。01年には国際競走に指定され、現在では外国馬は9頭まで出走可能。11年は中京競馬場の改修工事により阪神競馬場の芝1200mで施行された。また、同年より『グローバルスプリントチャレンジ』の第2戦に指定されている。

優勝馬のタイプは大きく2つ

高松宮記念写真

 歴代の優勝馬を見ていくと、大きく2つのタイプに分かれる。デビューからスプリント路線で活躍した馬と年齢を経て同路線に活路を見出した馬。前者は03年のビリーヴや04年のサニングデール、昨年のカレンチャンなど。ビリーヴは全10勝、サニングデールも全7勝、カレンチャンは全9勝中7勝を芝1200mであげた生粋のスプリンターだ。対する後者は00年のキングヘイロー、06年のオレハマッテルゼ、09年のローレルゲレイロなど。それぞれ以前はマイル〜中距離で活躍していた。キングヘイロー、ローレルゲレイロはクラシック制覇こそならなかったが、古馬になり本競走でG1初制覇。オレハマッテルゼもマイル路線から距離短縮して見事優勝を成し遂げている。

前年のスプリンターズS覇者は2勝

 G1昇格後の17回で前年のスプリンターズS優勝馬が出走したのは10回。このうち、6頭が1番人気に支持されたもののいまだ未勝利。04年のデュランダル、09年のスリープレスナイトの2着が最高成績だ。年をまだいてJRA・スプリントG1を連勝したのは03年のビリーヴ、昨年のカレンチャンのわずか2頭。ちなみにビリーヴは3番人気、カレンチャンは2番人気での優勝だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN