JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第42回 高松宮記念特集 2012年3月25日(日)15時40分発走 中京競馬場 芝1200m

【カレンチャン】

関東遠征帰りで中2週になるが、ここ2週は坂路できちんと追い切りを消化しており、調整過程は順調だ。先週は金曜日に単走で追われ、800m53.2秒、ラスト200m12.0秒の好時計をマーク。今週はトウカイミステリーを追走する形から、中間地点で追いつき、ほぼ馬なりのまま抜き去る余裕十分の動きを披露した。オーバーワーク気味に見えた前走時より、好状態といえそうだ。

【ロードカナロア】

前走から約2ヶ月ぶりになるが、中間の追い切り本数が少なめという印象で、調整過程に若干物足りなさを感じる。今週は坂路で助手が騎乗し、800mで50.6秒と一番時計を出したが、ラスト200mは一杯に追われるも珍しく失速してしまった。普段は馬なりで好時計を叩き出すこの馬としては、平凡な動きという印象で、状態面にはやや不安が残る。

【サンカルロ】

今回も、前走の3日後には馬場入りを開始して入念に乗り込まれており、意欲的な調整過程には好感が持てる。今週もいつもと同じく坂路で軽めを2本駆け上がった後、3本目に格下の僚馬と併せる本追い切り。ほぼ馬なりのまま、ラスト400mで11.9−11.6秒と優秀な時計を叩き出した。重めか残っていた前走時より、確実に上積みが見込める。

【マジンプロスパー】

好走した前走時と同じ中3週の臨戦過程。レースの5日後に馬場入り開始、中間の追い切りがWコースで強め2本、軽め2本という内容もすべて前走時と同様で、順調な調整過程といえる。今週はWコースで助手を背に長めからびっしり追われ、1000m65秒前後、ラスト200mも12秒前後の好時計をマークした。前走時の好状態をしっかり維持できている。

【ジョーカプチーノ】

関東帰りの中2週だが、ここ2週は坂路でびっしり追い切られており、中間の調整過程は順調だ。先週は木曜日に追われ、馬場の荒れた時間帯ながら800m51.6秒の好時計をマーク。今週は前半から飛ばしたが、荒れた馬場を考慮しても、ラスト200mの14.1秒はいつもより失速の度合いが大きい。好調時と比較しても、まだ戻り切っていない印象だ。

【ダッシャーゴーゴー】

関東帰りで中2週になるが、ここ2週は坂路できちんと追い切りを消化しており、調整過程は順調といえる。先週は金曜日に追われ、800m52.2秒、ラスト200m12.2秒の好時計をマーク。今週は終い重点にとどめたが、追い出されるとしっかり反応し、馬場の真ん中を力強く駆け上がる豪快な動きを見せた。凡走後だが、状態面に全く問題はない。

【グランプリエンゼル】

関東帰りの中2週ながら、前走の4日後には馬場入りを開始し中間の追い切りも豊富で、意欲的な調整過程を見せている。ここ2週は坂路で追われ、先週は助手騎乗の単走追いで、800m51.4秒の好時計をマーク。今週は藤岡佑騎手を背に僚馬と併せて強めに追われ、ラスト200mで12.6秒と、終いまでしっかりと動けていた。好調キープと見てよさそうだ。

【アグネスウイッシュ】

中4週と若干間隔はあいたが、しっかり休ませて2週前から徐々に追い切りを強めており、中間の調整過程は順調といっていい。追い切りはすべてWコースで、先週は馬なりでラスト200m11秒台をマーク。今週は長めから追われ、1000m65秒前後、ラスト200mも12秒台前半と時計も速く、動きも問題なかった。この馬なりに好状態と見てよさそうだ。

【その他の出走馬】

ツルマルレオンは坂路で僚馬と併せて一杯に追われ、800m53.8秒、ラスト200m13.4秒と平凡な時計だが、この馬なりには動けており、状態面に問題はなさそう。トウカイミステリーは2週続けて坂路で追われ、時計、動きともに問題なく、体調面に不安はなし。エーシンダックマンはいつも通り坂路単走で追われたが、好調時の動きに比べると一息で、完調手前という印象だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN