JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
高松宮記念特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報 レース回顧へ

キンシャサノキセキ

前走から中2週になるが、先週、今週ときちんと追い切りを消化しており、調整過程は極めて順調だ。今週はPコースを単走で、この馬の最終追い切りとしては珍しく1000mから加速。4角を回るとスムーズに手前を替え、直線も軽く追われる意欲的な内容だった。状態面に不安はなく、実力をきっちり出せる仕上がりと言えそうだ。

アルティマトゥーレ

前走から中6週とゆったり間隔をあけたが、3月上旬から今週まで、4週連続で追い切りを消化しており、調整過程は順調と言える。1週前となる先週、Pコースで強めに追われ、1000m64秒台と速い時計をマーク。今週はラスト100mだけ手綱を放す軽めの最終調整となったが、動きも良く問題はない。好状態で臨めそうだ。

エーシンフォワード

今年になってここが4戦目と使い込まれているが、この中間も順調に調教を積まれており、調整過程に問題はない。1週前には坂路コースで800m51.3秒の自己ベストタイムをマーク。今週も坂路で岩田騎手を背に手加減せずにびっしり追われ、800m51.1秒と重い馬場を物ともせず更に自己ベストを更新して見せた。大一番を前に、渾身の仕上げを施された印象だ。

プレミアムボックス

オーシャンSから中2週は一昨年と同様の臨戦過程だが、今年は中間の追い切り本数を増やしており、意欲的な調整過程には好感が持てる。今週はいつも通りWコースでの最終追い切り。一杯に追われ、1000m64秒台をマークした。ラスト200mは13秒台を要したが、数字以上に力強い動きが目についた。好調子と見てよさそうだ。

ビービーガルダン

前走から中3週になるが、過去の同間隔時に比べると追い切り本数はやや少なめで、大一番前にしてはやや不満の残る調整過程か。1週前はCWコースで追われ、終い重点ながらシャープな伸び脚を見せた。今週は馬場悪化を考慮してPコース追いになったが、時計は平凡もきちんと追われた点は評価できる。重め残りの懸念は残るが、体調面に問題は無さそうだ。

サンカルロ

前走から中3週になるが、この中間もいつも通り3週連続で坂路コース3本追いをこなしており、調整過程は順調そのものと言える。先週はオープン馬と併せ、600m36.3秒、ラスト200mは11.5秒の好時計をマーク。今週は格下馬を先行させ、ゴールまでがっちり手綱を押さえる余裕十分の動きで同時入線した。近走の好状態をしっかり維持できている。

エイシンタイガー

前走から中6週とやや間隔あいたが、短期放牧から帰厩後は入念な追い切りを消化しており、中間の調整過程は順調だ。1週前はオープン馬とびっしり併せる猛稽古で、坂路800m51.4秒、ラスト200m12.1秒の好時計をマーク。今週は単走で終い重点にとどめたが、ややふらつきながらもしっかりした脚どりで坂路を駆け上がった。前走以上の状態と見てよさそうだ。

カノヤザクラ

約半年ぶりの実戦になるが、2月下旬から1ヶ月にわたって入念に調整を積まれており、久々としては調教量に不足なしと見ていいだろう。2週前、1週前はPコースで長めから追われるも、ラストはバテ気味で休み明けを感じさせる動きだった。今週もPコースで単走追いになったが、終いの粘りにやや良化はうかがえた。とはいえ好調時の動きには一息で、やはり割り引きは必要だ。

その他の出走馬

ファイングレインはCWコースで終い重点に追われ、直線でまずまずの伸び脚を見せており、前走時の状態にはありそうだ。トウショウカレッジは坂路で先週、今週ときっちり追い切られており、現状の力は出せる仕上がりと見てよさそうだ。ショウナンカザンは大敗後だが、意欲的に追われており動きもよく、状態面に不安は無さそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN