JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
高松宮記念特集

高松宮記念とは

夏の中距離重賞からの大変身

 1967年に中京競馬場で創設された中京大賞典が前身。71年、高松宮殿下より優勝杯を賜ったのを機に「高松宮杯」と改称し、夏の中京を代表する芝2000mの重賞として、95年まで長い間親しまれた。

 当初は宝塚記念から高松宮杯へというローテーションが主流であり、84年のグレード制施行ではGIIに格付けされている。単なる夏のローカル重賞ではなく、一流馬も目標にするグレードの高い中距離重賞。それが高松宮杯のポジションであった。

 そして96年、短距離競走体系の整備に伴い、高松宮杯は距離を芝1200mへ短縮したうえで、GIレースへ格上げされた。99年までは5月開催だったが、2000年から3月へ移行し、現在と同じ条件となっている。なお、98年から競走名は「高松宮記念」と改称された。

 秋のスプリンターズSとともに、今では芝短距離戦を得意とする馬たちの一大目標である。

高松宮記念写真強い人気馬が勝つ時代の終焉

 芝2000mで行われていた頃は、ハイセイコー、トウショウボーイ、ハギノトップレディ、オグリキャップなど、人気も兼ね備えた名中距離馬が制し、ファンたちを喜ばせたものである。堅い決着も多かったが、強い馬が強いレースを見せることで、多くのファンが中京競馬場へ押し寄せた。

 96年のGI昇格後は、これぞスプリンターという強豪を何頭も輩出した。フラワーパーク、トロットスター、ショウナンカンプ、ビリーヴなど、そうそうたる顔ぶれだ。しかし、2000m時代と違って1番人気馬は不振。「強い人気馬が強いレースを見せる」という趣旨からはいささか違ってきたようだ。

大穴連発の難解なレース

 ステップレースは1200mのシルクロードSが中心だが、1400mながら阪急杯からも多くの馬がこのレースを勝っている。昨年新設された重賞・オーシャンSも1200mであり、今後はこのレースをステップとする馬が数多く出てくるのではないだろうか。

 配当的には、96年のGI昇格後「荒れるGI」と化している。過去12回で馬連1000円以下の配当はわずかに2回だけ。馬連5000円以上が4回、万馬券が2回出ているし、3連単は過去3回すべて3万円以上の配当。昨年などは3連単54万馬券が飛び出した。

 中京の1200mは特殊な馬場になることが多い。逃げ・先行馬が根こそぎいなくなるような厳しいレースもよく見られ、単純に人気馬を買うようなスタンスでは取りにくい。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN