JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
高松宮記念特集

中京芝1200m[Bコース]

コース図例年は高速決着は
望めないが

 2000年より1回中京開催の最終日に施行。同開催は10日間の変則開催で、前半6日間がAコース使用で、後半の4日間がBコース使用。BコースはAコースから3m外側に仮柵が設けられている。芝は野芝にイタリアンライグラスのオーバーシードを行ったもの。厳冬期を経て、前年末の3回中京開催の芝をそのまま受け継ぎ、しかも開催最終日ということで通常は芝の状態があまり良くない。勝ち時計は1分8秒台が標準。5〜6月の2回中京開催に比べると1秒近く時計を要するため、高速決着は望めない。ただ、今年は8日目になっても速い時計が出ている。

枠順は結果に相当響いてくる

レース写真(中京芝1200m) スタート地点は2コーナー奥のポケット。3コーナーにある緩い丘に向かい、スタートから一直線。Bコース使用時は3コーナーまで約477mの距離がある。芝1200mのフルゲートは18頭だが、Bコース時は幅員が25mしかないので左右に非常に窮屈。フルゲート時の大外枠は外ラチに近い位置となる。通常は距離のロスが大きくなる外枠が苦しいコースだが、本競走に限っては逆。芝の全レースで使用される向正面の直線部分の内側は、必然的に痛みが激しくなり、内ラチ沿いを通らされる馬は不利となる。それがわかっていても、内外の出入りはなかなか難しく、枠順の差が結果に相当響いてくる。脚質に限らず中枠より外の方が競馬がしやすい。

減速せずに最後の直線に飛び込みたい

 前半の600mは速ければ32秒台に突入。平均は33秒台前半で、コース形態上、テンから速いペースで流れやすい。3コーナー〜4コーナーかけては緩い下り坂。一応、スパイラルカーブにはなっているが、そこは小回りのローカル。中京はコーナーの角度自体がかなり厳しいため、目一杯に加速しての追走では外に振られやすい。しかし、インコースの芝の状態があまり良くない状況下では、無理に内に固執する必要はない。多少外に振られてもかえって馬場のいいところを通れるし、なおかつコーナーリングであまり減速せずに最後の直線に飛び込める利点も大きい。

マイルをこなせるスタミナと切れは武器

 差し・追い込み馬と目されている馬でも、スタートさえ決まれば3〜4コーナーの途中から動いて外からマクリ差しを決めることが可能。そうなった場合、テンの3ハロンのスピードよりも上がり3ハロンの速さ・末脚の鋭さが武器になる。ただし、その際にはマイルぐらいの距離をこなせるスタミナも必要。05年の優勝馬アドマイヤマックスや昨年の優勝馬スズカフェニックスのように、マイル路線からの転戦馬が力を発揮しやすい舞台でもある。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN