JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

スリープレスナイト 芝・ダートを問わないスプリント能力[2008年]

ダートで快進撃。オープン入り

 ダイワスカーレットが桜花賞を制し、ウオッカが日本ダービー優勝の快挙を成し遂げた2007年の春。この2頭の歴史的牝馬と同期にあたるスリープレスナイトは、まだ条件戦を戦っていた。

 ただし、そこで見せた素質は底知れぬものだった。

 その年の1月にデビューし、芝で2着、3着と2戦したスリープレスナイトはダートに転向。するといきなり10馬身差の圧勝劇を演じ、500万下も2着、1着と順調に突破する。古馬が相手となった1000万下・出石特別を楽々と差し切り、夏の新潟では準オープン・越後Sもクリア、オープン入りを果たした。

 父はジャパンCダートをぶっちぎったクロフネ、近親には女傑ヒシアマゾンや、この年に宝塚記念とジャパンCを勝つアドマイヤムーンがいて、血統的にも一流のスリープレスナイトは、ダート短距離という舞台で自らの名を高めていったのである。

突然の芝転向と重賞2連勝

スリープレスナイト写真

 その後、さすがにオープンクラスに混じるとスリープレスナイトの勢いは弱まった。ペルセウスSは5着、霜月Sも5着、ギャラクシーSは2着、年明け4歳初戦となった門松Sも2着と、掲示板を外さない安定感は示しながらも勝ちあぐねるレースが続いた。

 が、この4連敗はいずれも1400m戦でのもの。ひと息入れられ、距離を1200mに戻してからはふたたびの快進撃が始まる。京葉Sで逃げるニシノコンサフォスを競り落とし、久々の勝利をマークすると、続いて栗東Sでも1着。あらためてダートでのスプリント能力を示したのである。

 その後もダート短距離で勲章を積み上げていくものと誰もが思ったが、ここで陣営は芝へと路線変更。この決断が、さらなる上昇を生むことになる。まずは力でねじ伏せるようにしてCBC賞を勝利、重賞初制覇を芝で成し遂げる。さらに北九州記念も2馬身差で制して重賞連勝を達成したのだ。

5連勝でGI初挑戦制覇

 そのスピードが芝でも通用することを立証したスリープレスナイト。ならば大目標は、このカテゴリーのチャンピオンだ。2008年・第42回スプリンターズSに駒を進めたスリープレスナイトは、堂々の1番人気でレースに挑むこととなった。

 相手は、悲願のGI獲りに懸けるキンシャサノキセキ、高松宮記念勝ち馬のファイングレインとスズカフェニックス、短距離重賞2連勝中のカノヤザクラといった面々。これら強敵を相手にしても、スリープレスナイトのスピードに翳りはなかった。

 好スタートから好位に控えたスリープレスナイトは、直線で爆発。粘るビービーガルダンを交し、懸命に食い下がるキンシャサノキセキも突き放して、2着に1馬身4分の1差をつけてゴールを駆け抜ける。

 芝・ダートを問わないパワフルなスピードとレースセンスを武器に、5連勝でGI初挑戦制覇を果たしてみせたのである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN