JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

テイクオーバーターゲット 見せた世界スプリント王の底力[2006年]

国際GI指定最初の年は豪華メンバー

 世界の短距離重賞を結ぶ「グローバル・スプリント・チャレンジ」に組み込まれているスプリンターズS。海外の強豪が参戦することも多く、とりわけ 2006年・第40回のレースには、この年から国際GIに指定されたことともあいまって豪華なメンバーが集結した。前年の勝ち馬サイレントウィットネス、英G1のゴールデンジュビリーSとジュライCを連勝したレザーク、世界をまたにかけるベンバウンといった面々だ。

 迎え撃つ日本勢も、高松宮記念を制したオレハマッテルゼやサマースプリントシリーズのチャンピオン・シーイズトウショウなど強力な布陣を敷いたが、これら名うてのスプリンターたちを一蹴したのがオーストラリアのテイクオーバーターゲットだ。

わずか10万円で落札された馬が大出世

テイクオーバーターゲット写真

 セリでの落札価格はわずか1250豪ドル(約10万円)、馬主兼トレーナーのジャニアック調教師はタクシー運転手を兼業していたというプロフィールの持ち主。そうした逸話を提供したテイクオーバーターゲットだが、デビューから7連勝で豪G1を制するなど実力は本物だった。

 特に、グローバル・スプリント・チャレンジの王座を狙って駆けたこの2006年の活躍は目覚しかった。第1戦のライトニングSを競り勝ち、第3戦のキングススタンドSも勝利すると、その4日後の第4戦・ゴールデンジュビリーSにも出走して3着。ジュライCでは7着と凡走したが、来日初戦のシリーズ第5戦・セントウルSでは2着に粘って、ランキングトップに立っていたのである。

 そして迎えたのが、シリーズ第6戦のスプリンターズS。小雨を切り裂くテイクオーバーターゲットの走りは、チャンピオンにふさわしい力感に満ちていた。

圧倒的な逃げ切りで戴冠

 好スタートのサイレントウィットネスや京成杯オータムHを逃げ切ったステキシンスケクンを交わして、テイクオーバーターゲットが果敢にハナを切る。テンの3ハロン32秒8のペースは飛ばし過ぎにも思えたが、直線に入るとさらに後続を突き放し、そのままゴールへと向かう。結局2着メイショウボーラーに2馬身半の差をつけて、テイクオーバーターゲットは逃げ切ってしまった。

 この勝利でグローバル・スプリント・チャレンジの優勝も確定。テイクオーバーターゲットは他を寄せつけない圧倒的なスピードで、わが国の短距離路線の最高峰と、世界のスプリント王の座を、同時に手中にしたのである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN