JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第46回 スプリンターズステークス特集 2012年9月30日(日)15時40分発走 中山競馬場 芝1200m

【カレンチャン】

前走の4日後には早くも馬場入りを始め、その後も順調に乗り込まれており、中間の調整過程は極めて順調だ。追い切りはいつもと同じくすべて坂路で、今週は助手を背にオープン馬との併せ馬。一杯に追われる併走馬を尻目にほぼ馬なりのまま先着し、ラスト400m12.2−12.1秒の好タイムをマークした。前走からの上積みは十分といえそうだ。

【ロードカナロア】

この中間は、同じ中2週で快勝した昨年の京阪杯時とほぼ同様の調整過程で順調そのものといえる。追い切りはすべて坂路で、今週は助手を背にダッシャーゴーゴーとの併せ馬。ラスト300m付近から軽く仕掛けられるとしっかり反応し、余裕残しの手応えで先着した。800m51.7秒、ラスト200m12.2秒とタイムも優秀で、万全の仕上がりと見てよさそうだ。

【エピセアローム】

夏場からの連戦になるが、前走後もきちんと調教を積まれており、疲れもなく調整過程は順調だ。今週は坂路で助手を背に単走で追われ、ややかかり気味だったものの、追われると力強い脚どりで坂を駆け上がった。800m52.2秒、ラスト200m12.5秒の時計も馬場状態を考えると合格点だ。大きな上積みこそないが、好調子をしっかり維持できている。

【パドトロワ】

好走した昨年と同じキーンランドCからの参戦だが、昨年より中間の調教量は豊富で体質強化がうかがえる。ここ2週は坂路で安藤騎手を背に追われ、先週は馬場の荒れた時間帯で時計は平凡もしっかり負荷をかけられた。今週も一杯に追われ、終いはやや時計を要したものの、800m51.7秒の好タイムが出た。やや重めの印象だが、力は出せる状態だ。

【ダッシャーゴーゴー】

札幌帰りになるが、9月上旬には栗東に帰厩して入念に乗り込まれており、調整過程は順調だ。追い切りはすべて坂路で、先週は走りやすい時間帯とはいえ、800m51.4秒の好タイムをマーク。今週はロードカナロアと併せ、先行しながら遅れてしまったが、動きは悪くなかっただけに問題はない。近走と変わりない好状態と見てよさそうだ。

【マジンプロスパー】

前走から中2週だが、この中間はハードな調教を積まれており、意欲的な調整過程といえる。ここ2週はWコースで助手を背に単走で追われ、先週は1200mで77秒台の好タイムをマーク。今週もびっしり追われ、1200m79秒前後、ラスト200mも12秒前後と終いの伸びも良かった。やや動きが物足りなかった前走時より確実に上積みが見込める。

【サンカルロ】

前走の3日後には馬場入りを開始して休みなく乗り込まれており、中間の調整過程は極めて順調だ。今週もいつもと同じく坂路で軽めを2本上がった後、3本目に併せ馬で本追い切り。今回は珍しく終い強めに追われ、僚馬を並ぶ間もなく抜き去る鋭い動きを披露した。600m35.8秒、ラスト200m11.6秒とタイムも優秀で、休み明け2戦目での上積みは大きい。

【スプリングサンダー】

北海道遠征帰りだが、9月上旬にトレセンへ帰厩後は入念に乗り込まれており、調整過程は順調だ。ここ2週は坂路で四位騎手を背に単走で追われ、先週は800mで50.4秒と重い馬場をものともせず破格の好タイムをマーク。今週はやや掛かり気味ではあったが、軽快な走りで気合乗りも十分の好調教だった。絶好の状態に仕上がった印象だ。

【その他の出走馬】

ラッキーナインはレースの10日前に来日と到着時期は昨秋、今春とほぼ同じだが、木曜日時点で追い切りを消化しておらず、軽めの調整がどう出るか。リトルブリッジは水曜日に中山のダートコースで一杯に追われ、時計こそ平凡も順調に調整できている点は好材料。キャプテンオブヴィアスはやや輸送減りしている様だが、芝コースで追われた動きは軽快で力を出せる状態と見てよさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN