JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
スプリンターズステークス特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説 有力馬情報へ 調教情報へ レース回顧へ

日豪の最強スプリンターが激突 中山芝1200m〔Cコース〕

コース図(中山芝1200m)良馬場ならばレコード更新の可能性

 4回中山開催の最終日、Cコースでの施行。現在の時期に本競走が行われるようになったのは00年からだが、当時はAコースを使用。02年までAコースが使用され、03年と04年はBコースを使用。Cコースは05年からの使用となる。この4回開催は年間の中山開催を通じて唯一、野芝100%で行われる時期であり、馬場状態は非常に良好。先週日曜日に行われた勝浦特別(古馬1000万クラス・芝1200m)では1分07秒4の好時計が出ており、本番ではレコード(1分07秒0)更新の可能性もありそうだ。しかし、04年と07年は不良馬場での一戦で1分9秒台の決着。当日の天候により馬場状態は大きく変わるし、時計面にも影響を及ぼす。

レース写真(中山芝1200m)前傾ラップは確実でハイペース必至

 2コーナーを回りきって向正面に入ったところがスタート地点。おむすび形をしている山の頂上からスタートで、3コーナーの途中までの約400mを約4m下る。途中にコーナーが含まれるとはいえ、外回りの3コーナーはコーナー角度が非常に緩く、若干右側に切れ込むだけなので、直線コースとあまり変わらないスピードが出る。したがって、テンから加速がつきやすく、ハイペースは必至。Cコース使用の近3年の前半3ハロンの平均は33秒3と前傾ラップは確実。勢いがついたまま3〜4コーナーを回り、最後の直線に向かう。

先行力と粘りが必要なタフなレース

 ゴール前の直線は310m。残り約200mまで緩やかな下り坂を下り、そこから勾配2.3mの急な上り坂となっている。強烈な前傾ラップの上、最後に急坂と来れば、一見差し・追い込み馬が有利に見えるが、本競走はその常識が当てはまらない。本競走が秋開催になってから後方一気の脚質で上位に来たのは03年のデュランダルぐらい。1着はおろか、2、3着すらもシンガリ一気では苦しい。ある程度の先行力は必要で、好位から抜け出す形がベスト。昨年優勝を果たしたスリープレスナイトのような形が理想。前有利の傾向は道悪になると、なお顕著になる。不良馬場で行われた04年と07年の優勝馬は逃げ切り勝ちだ。ハイペースを先行しながらもスムーズに流れに乗り、最後の急坂を踏ん張る力が必要なタフなレースだ。

 良馬場ならば差し・追い込み馬の台頭はありそうだが、その場合でも最後の直線でのコース取りが難しい。勝ちいくのならば、距離ロスを防いでインコースで張り付くのが基本。しかし、G1のような多頭数になると最後の直線で前が詰まって抜けられなくなるリスクも大きい。一方、直線で外に出すのは無難だが、アタマまで突き抜けるのが難しい。中央場所の中では最も直線が短いコースだけに、相当力がある馬でないと勝てない。

4〜7枠から先行する形がよさそう

 新潟競馬場で行われた02年を除く過去10年の枠順別成績を見ると、7枠が【3.0.4.11】と最多の3勝。続くのが2勝の4枠【2.0.0.15】と5枠【2.1.0.15】。一般的にはやや内枠が有利なコースだが、4〜7枠あたりから出て、内側の先行馬を見ながらレースを進めるのがよさそう。最内や大外といった極端な枠を引かなければ、あまり気にする必要はなさそうだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN