JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
スプリンターズステークス特集

スリープレスナイト

前走後はじっくり間隔を取っての出走で、中間は4週前から順調に調教を積んでおり、理想的な調整過程と言えそう。1週前追い切りはテンからびっしり追うハード追いを敢行し、坂路800m49.6秒と断然の1番時計をマーク。今週の最終追い切りは終い重点だったが、極悪馬場を物ともせずにラスト400mを12.3-12.5秒でまとめる素晴らしい動きを見せた。万全の仕上がりで臨めそうだ。

スズカフェニックス

休み明けながら馬体減りしていた前走から中2週になるが、この中間は1週前追い切りもきちんとやれており、調整過程に不安は無さそう。1週前は助手が騎乗し、軽く気合いをつけただけの内容ながら動きは良かった。最終追いは横山典騎手が乗りラスト200mこそ流して14.5秒と要したが、800m53.7秒は馬場、時間帯を考慮すると優秀で、叩いての上積みは見込めそうだ。

ファイングレイン

もともと少なめの調教量で出走するタイプで、それを考えるとこの中間は中2週ながら1週前追い切りから強く追われている点は好材料と見て良さそう。今週はDWコースで幸騎手が乗り、長めを前半から飛ばすハードな内容で1200m80秒台は時計的にも合格点。終いはさすがに時計要したが、フォームに乱れは無く力強い走りだった。好状態と言ってよさそうだ。

カノヤザクラ

前走から中2週になるが、中間はレース1週前の日曜日に軽い時計出してはいるものの強い追い切りは今週の1本だけと、やや使い減りを考慮した調整に映る。最終追い切りは前半をセーブした割にラスト200m13.8秒とかかったのはやや不満だが、目一杯に追われてはいなかったし、動き自体は悪くなかった。上積みまでは望めないが、好調は維持している印象だ。

キンシャサノキセキ

9月上旬に札幌から美浦に戻った後は順調に調教を消化しており、調整過程は順調と見てよさそう。ただ1週前は追走する形とはいえ、格下馬に追いつけずバテてしまう案外な動き。今週も同じく格下馬を追いかけて何とか併入に持ち込んだものの、動きは平凡だった。ややムラな面があるとはいえ、中間の調教内容からは不安が残った。

ビービーガルダン

札幌からの中4週になるが、ごく軽めとはいえ2週前から追い切りを消化できており、順調な調整過程と言えそう。最終追い切りはCWコースで長めから行ったが、前半をゆっくり入ったにしてもラスト200mで11秒台は優秀。やや頭の高い走りでスピード感こそ感じなかったが、状態の良さが十分伝わってくる内容で、絶好調と見てよさそうだ。

シンボリグラン

馬体減らしていた関西遠征帰りの中2週だが、1週前追い切りからきちんとやれており、手加減せずの調整には好感が持てる。今週の最終追い切りはWコースを単走で追われたが、直線追われると鋭く反応して伸びた内容は良かった。夏場からずっと使われているだけに上積みは見込めないが、疲れもなく好調をキープしている。

トウショウカレッジ

9月上旬に栗東トレセンに帰厩してから連日のように坂路入りして乗り込まれ、先週からの1週間で3本も強い追い切りを消化するなど、中間はハードな調教を積まれている。時計的にも今週の坂路800m52.8秒、ラスト200m12.6秒はいずれも今週の馬場状態を考えると破格と言えるタイムをマーク。大一番へ向けて最高の状態に持って来られた印象だ。

その他の出走馬

ジョリーダンスは内田博騎手が乗ってPコースで強く追われて好タイムをマークしており、休み明け好走の反動もなく好印象。タニノマティーニは軽めの調整で上積みは疑問も、走りは軽快で好調子をキープ。プレミアムボックスは順調に追われるも動きは地味で、好調時に比べると今一つに見えた。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN