JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
スプリンターズステークス特集

スプリンターズステークスとは

世界の短距離王決定戦へ

 1967年創設。当初はハンデ戦で、3歳(現表記)以上の馬が出走できる唯一の1200m重賞であった。いまでは考えづらいことだが、当時はまだ距離別のレース体系がはっきりとしておらず、特に短距離馬の出走できるレースは限られていた。

 84年のグレードレース導入時はG3で、安田記念のステップレースとして3月下旬に行われていた。87年にG2に昇格したあと、90年にG1昇格。短距離戦線の締めくくりとして、有馬記念の前の週に行われることとなった。94年には国際競走に指定され外国馬も出走可能となり、2000年から現在と同じ9月末に移動された。なお、05年からは「グローバル・スプリント・チャレンジ」の第6戦として行われている。

スプリンターズステークス写真超一流スプリンターを輩出

 創設当初は、唯一の1200m重賞として快速馬が名を馳せるチャンスだった。特に牝馬が活躍。勝ち馬に名を連ねている。タマミ、サクライワイ、メイワキミコ、ブロケード…。オールドファンには懐かしい名前であろう。

 G1に昇格後は、バンブーメモリー、ダイイチルビー、ニシノフラワー、サクラバクシンオー、タイキシャトル、ブラックホークなど、まさに短距離の超一流という馬たちが勝つレースとなった。

 国際競走になってからは、のべ18頭の外国調教馬が参戦している。95年にUAEのソーファクチュアルが3着したあと、しばらくふるわなかったが、グローバル・スプリント・チャレンジとなった05年に香港のサイレントウィットネスが勝利。06年もオーストラリアのテイクオーバーターゲットが制している。

セントウルS組の分析が必至

 秋の中山開催となった00年以降でいうと、前走セントウルS組が3勝、安田記念組が2勝、アイビスサマーダッシュ組、北九州記念組が1勝となっている。やはり、昨年からG2に昇格したセントウルSが最も重要なステップレースといえるだろう。安田記念組から約4ヶ月ぶりで勝った2頭は、いずれもG1勝ち馬であり、それなりの実績がないと苦しいと言えるだろう。

 なお、06年から芝1200mに距離変更となった北九州記念をステップとした馬が、3頭出走して1勝3着1回。このローテーションは注目だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN