JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

アヴェンチュラ 骨折から復活し鮮やかに花開く[2011年]

順調な滑り出しだったが・・・

 2011年の3歳牝馬三冠を巡る戦いは、レーヴディソールのリタイアで幕を開けた。前年の2歳女王で、かつチューリップ賞も圧勝したこの大本命を欠いたことにより、一強体制から混戦へと突入。結果、エルフィンSを勝った急上昇馬マルセリーナが桜花賞を制し、7番人気・単勝オッズ37.2倍のエリンコートが雨中のオークスを勝利する。

 そして夏を越し、残る一冠・秋華賞。ここで3頭目のヒロインに、いや、この世代を代表する存在へと上り詰めたのが、遅れてきた大物アヴェンチュラだった。

 皐月賞3着のフサイチホウオーを兄に、GI2勝のトールポピーを姉に持って、血統的には期待の高かったアヴェンチュラ。実際、2歳6月の新馬戦では後の重賞ウィナー・エイシンオスマンらを相手に3馬身半差のデビュー勝ちを果たし、札幌2歳Sでは勝ったオールアズワンに4分の3馬身差2着と健闘してみせた。が、阪神ジュベナイルフィリーズで4着まで追い込んだ後、骨折が判明。春のクラシックを全休することになる。

復帰後は連勝で秋華賞へ

アヴェンチュラ写真

 こうして一度は女王への夢を断たれたアヴェンチュラは、しかし、復帰するやいなや猛スピードで階段を駆け上がっていく。準オープンの漁火Sでは古馬・牡馬勢を2馬身半差で蹴散らし、クイーンSでも年上の牝馬たちを一蹴、重賞初制覇を達成。回り道もつまずきもなく、秋華賞までたどり着いたのだ。

 迎えた第16回秋華賞では、9戦して4着以下なし、桜花賞2着、オークス3着、前哨戦ローズS1着のホエールキャプチャが単勝オッズ2.2倍の1番人気、アヴェンチュラが3.1倍の2番人気、マルセリーナが8.3倍の3番人気。安定感か、勢いか、実績かという図式でゲートは開いた。

積極的なレースで後続を完封

 1000m通過58秒3のハイペースで逃げるメモリアルイヤーを、好位から捕まえに行ったのはアヴェンチュラ。直線に入ると同時に早くも先頭に立つ積極的なレースで、後続を迎え撃つ。結局、食い下がるキョウワジャンヌも、外から差すホエールキャプチャも、内のアカンサスも追い込むマルセリーナも封じ込んでアヴェンチュラはGI初制覇を果たす。

 さらにアヴェンチュラは、エリザベス女王杯でスノーフェアリーとクビ差の2着と頑張って、この年のJRA賞最優秀3歳牝馬のタイトルを獲得するとともに、結局この世代ではこの馬が最も強かったのだと、観る者に鮮やかな印象を焼き付けたのだった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN