JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ファインモーション

JC勝ち馬の妹
良血馬が順当に成長

 秋華賞のレース史上、もっとも大きな期待を背負い、もっとも華麗に勝ってみせた馬といえば、2002年・第7回の覇者であるファインモーションであることは間違いない。

父はオーストラリアやフランスでリーディングサイアーとなった万能種牡馬デインヒル、母の父は英愛のダービーを制したトロイ、兄はブリーダーズカップ・ターフや1997年のジャパンカップ勝ち馬ピルサドスキーと豪勢な血脈の中で生まれたファインモーションは、早くから注目を集めることになる。

デビューからの戦歴も、注目を裏切らないものだった。2歳12月に迎えた阪神・芝2000mでの新馬戦は、持ったままで後続を4馬身も突き放す逃げ切り勝ち。脚部の故障で2戦目はその8か月後、夏の函館・芝2000mの500万下となったが、ここでは悠々5馬身差の圧勝を飾り、久々も、初めての古馬との対戦も難なくクリアしてみせる。続く1000万下・阿寒湖特別も5馬身差で快勝。初の重賞挑戦となったローズSでは、当然のように1番人気に支持され、やはりほとんど持ったまま、3馬身差の勝利で重賞ウィナーの仲間入りを果たした。

単勝1.1倍にこたえ
楽々とタイトルを獲得

 とどまることを知らぬ勢い。いや、正真正銘の強さ。本番の秋華賞では、桜花賞馬アローキャリーもオークス馬スマイルトゥモローも不在とあって、ファインモーションは断然の1番人気に支持されることになる。単勝オッズ1.1倍、単勝支持率72パーセントは、秋華賞史上最高の数字である。

ファインモーション写真 ファインモーションに立ち向かったのは、桜花賞3着のシャイニンルビー、関東オークスを制したサクラヴィクトリア、オークス2着のチャペルコンサート、紫苑Sを勝ったオースミコスモといった面々だったが、ファインモーションの走りは実に危なげのないものだった。

抜群のスタートからこれまでと同様にスっと好位を取ると、3コーナーでは外を徐々に進出。直線入口で先頭に並びかけると、鞍上・武豊が気合をつけるだけでズドンと抜け出す。そこからは離すいっぽう。結局2着サクラヴィクトリアに3馬身半の差をつけて、楽々と初のGIタイトルを手にしたのである。

無敗のまま女王杯も制覇
最強牝馬の座に

 次走・エリザベス女王杯でもファインモーションは同様のレースぶりで勝利し、無敗のまま古馬GI制覇という偉業を成し遂げてみせた。文句なしに“最強牝馬”の1頭として数えられる存在である。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN