JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

テイエムオーシャン 世代ナンバー1の実力を示した[2001年]

1番人気は桜花賞馬テイエムオーシャン

 2001年、牝馬三冠ロードを締めくくる秋華賞で単勝オッズ2.4倍の1番人気に推されたのはテイエムオーシャンだった。

 前年の夏、新馬、500万下と連勝デビューを果たし、札幌3歳Sでは牡馬に混じってジャングルポケットの3着と大健闘を見せる。その後も、阪神3歳牝馬Sを2馬身差で制し、チューリップ賞が4馬身差1着、桜花賞は3馬身差完勝と敵なしの快走を繰り返してきた。オークスでは3着に敗れ、そのオークス以来の“ぶっつけ”という臨戦だったが、常に同世代のトップを走り続けてきた存在としてリスペクトされていたといっていいだろう。

オークス1・2着馬との三つ巴戦

テイエムオーシャン写真

 これに挑もうというのが、オークスでテイエムオーシャンに先着した2頭だ。

 ローズバドが4.2倍の2番人気。強烈な決め手が持ち味で、フィリーズレビューの1着、フローラSの3着、オークス2着、そしてローズSの2着と、直線一気の鋭い脚でレースを盛り上げてきた。その最大の武器を使って第三冠の獲得を目論む。

 5.1倍の3番人気がレディパステルだ。オークスでは並ぶ間もなくテイエムオーシャンを交わし、ローズバドとの叩き合いにもクビ差競り勝っての戴冠。秋初戦の紫苑Sにも勝利して、ここまで8戦して4勝・2着3回・3着1回。テイエムオーシャンにも劣らぬ安定感で、2つ目のタイトルを狙っている。

 桜花賞2着のムーンライトタンゴが4番人気となったものの、単勝オッズは3頭から大きく離されて13.1倍。三つ巴の様相で、第6回秋華賞は幕を開けたのだった。

先行してライバル2頭を封じ込める

 実際のレースも、この3頭がそれぞれに意地を示す好勝負となった。

 フローラルグリーンの逃げを手応えも楽に3番手で追走していたテイエムオーシャンが、4コーナーでは馬なりのまま進出、堂々先頭で直線へと向かう。中団外で仕掛けどころを待っていたレディパステルも追撃を開始。オークス4着馬サクセスストレインと並んで先行勢を交わし、粘るテイエムオーシャンへと迫る。スタートでつまづいたローズバドだったが、最後方でグっと力を力を溜め、4コーナーでは最内を突いてスパート。懸命にテイエムオーシャンとの差を詰める。

 結局、ローズバドを2着に、レディパステルを3着に封じ込んでテイエムオーシャンが勝利。3つ目のGIタイトル獲得に成功し、あらためて世代ナンバー1の実力を知らしめたのだった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN