JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ブゼンキャンドル 秋華賞を勝つためだけに[1999年]

驚嘆の超大穴レース

 三冠牝馬スティルインラブや牡馬と互角以上に戦ったスイープトウショウなど、錚々たるメンバーが勝ち馬として名を連ねる秋華賞。だが、意外な馬が超大穴を開けた一戦もある。

 1999年・第4回のレースでブゼンキャンドルが豪快な差し切りを決めたときには、誰もが驚嘆の声をあげたものだった。

条件馬がローズSも3着

ブゼンキャンドル写真

 ブゼンキャンドルは、およそ芝のGIを勝つ馬とは思えぬ戦績の持ち主といえただろう。

 2歳の秋にデビューしたブゼンキャンドルは、適性を図りかねたように芝とダートを交互に使われる。ようやく初勝利をあげたのは通算5戦目、ダート 1800m戦を逃げ切ってのものだった。後続を7馬身もちぎった脚は素晴らしかったし、次走・ダート1400m戦でも4馬身差の逃げ切りを収めたが、良かったのはここまでだ。

 芝に転じたエルフィンSからは4連敗、掲示板に載ることなく負け続けた。夏シーズンには少し力をつけたところを見せ始めたが、それでも、やまゆりSが3着、天草特別でも3着、西部日刊スポーツ杯では2着と勝ち切れない日々。軽量を利して何とか粘り込む、といったレースぶりだった。陣営では障害入りも検討していたという。

 ところがローズSでも3着と頑張って秋華賞出走権を確保したことで、この馬の運命は大きく変わる。

一生に一度の大激走

 もちろん本番・秋華賞で対決したメンバーは、これまでのどのレースよりも強力だった。オークス1、2着のウメノファイバーとトゥザヴィクトリー、桜花賞2着のフサイチエアデール、3連勝でローズSを制したヒシピナクルといった面々だ。

 ブゼンキャンドルにとって幸いだったのは、レースの流れが速くなったこと。逃げたエイシンルーデンスをトゥザヴィクトリーが積極的に追走し、他の有力馬も3コーナー過ぎから早めにスパート。この展開が、後方で脚をためていたブゼンキャンドルに味方する。

 直線、同じように後方待機に賭けたクロックワークとともにブゼンキャンドルは凄まじい伸び脚を披露し、1着となる。単勝12番人気の大波乱だった。

 以後のブゼンキャンドルは、重賞を4戦していずれも2ケタ着順、障害を4戦して1勝するが、平地に戻ってまたも4連続の2ケタ着順を記録し、ターフを去る。

 まさにこの一戦を勝つためだけに生まれてきたような競走馬だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN