JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

ファレノプシス 力を見せつけた二冠制覇で一強をアピール[1998年]

注目された三強対決

 1998年の秋。第3回秋華賞で、単勝オッズが10倍を切ったのは3頭だった。桜花賞馬ファレノプシス、オークス馬エリモエクセル、そして桜花賞3着とオークス2着のエアデジャヴーである。

 エリモエクセルはオークス以来久々の実戦となったが、ファレノプシスは秋初戦のローズSを1番人気で勝利。エアデジャヴーもクイーンSで断然人気に応えてみせた。

 他ではオークス5着・クイーンS2着のナオミシャイン、NHKマイルC3着のスギノキューティー、条件戦を3連勝してきたリワードニンファ、ローズS2着のビワグッドラックなどがいたものの、実績と調子を考え合わせれば“三強”の構図でスタートが切られたのも当然といえただろう。

思惑が交錯する3頭の位置取り

ファレノプシス写真

 ショウナンハピネス、エガオヲミセテ、エリモピュアらの先導で進んだレースは、それほど速い流れとはならなかった。これらを見る4番手集団、絶好のポジションに収まったのはエアデジャヴー。追い込み届かず惜敗に終わった春の雪辱を果たすべく、いつもより前につけて静かに脚をためる。最後の一冠に懸ける強い想いが伝わってくるようだ。

 直後にはエリモエクセル。オークスでも好位勢を前に見る位置取りから力強く差し切っており、その再現を狙おうという策である。

 ファレノプシスは中団馬群の外。桜花賞は好位、前走は2番手からの堅実な競馬で勝利しており、それらに比べれば遅れ気味の位置だった。ただし、ライバル2頭をしっかりと視界に捉えている。向正面では誰もが「早めに抜け出すエアデジャヴーを、エリモエクセルとファレノプシスが追う」という展開を予想したことだろう。

主役をアピールするレースぶり

 が、ここから急展開となる。

 ジリっ、ジリっと前へ上がっていくファレノプシス。内のナオミシャインは鞍上が懸命に手綱を押し出しているのに対し、ファレノプシスは余力たっぷりに進出する。4コーナーでは早くも先行勢に並びかけ、直線では粘るエガオヲミセテを早々に競り落とす。

 強引にも思える仕掛けだったが、ファレノプシスの脚色に衰えはない。なんとか差を詰めようとするエアデジャヴーや内から鋭い差し脚を見せたナリタルナパークらを振り切って、1馬身半差で堂々の1着ゴールだ。

 三強などではない。私の素質が抜けている。そんなアピールだと感じさせる、力任せの二冠達成だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN