JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第19回 秋華賞特集 2014年10月19日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝2000m

秋華賞とは

牝馬三冠のフィナーレ

 1996年に3歳(現表記)牝馬限定のG1競走として新設。それ以前は桜花賞、オークスに続く牝馬三冠最終戦はエリザベス女王杯だった。しかし、同レースが古馬に開放されたのに伴い、3歳限定のレースとして新たに秋華賞が創設されることになった。第1回から京都競馬場の芝2000m(内回り)を舞台に行われている。

 創設当初より混合競走に指定され、外国産馬にも出走が認められている。実際に96年ファビラスラフイン、02年ファインモーションが外国産馬として優勝している。09年からは国際競走に指定。国際格付けのG1となり、外国馬は9頭まで出走可能となった。

春のG1好走馬が実力を発揮

秋華賞写真

 過去18回の優勝馬からはスティルインラブ、アパパネ、ジェンティルドンナと3頭の三冠馬を輩出。また、ダイワスカーレットら桜花賞馬や昨年のメイショウマンボらオークス馬による二冠制覇も多い。

 桜花賞・オークスは惜しくも敗れたが、スイープトウショウやレッドディザイアは最後の一冠を奪取。春のG1好走馬が実力を発揮することが多いのが特徴だ。

夏の上がり馬との激突に注目

 一方で、夏から秋へ急成長を遂げた馬が最後の一冠を手にすることもある。ファインモーションやアヴェンチュラは夏の北海道シリーズで連勝。ともにG1初制覇を飾った。波乱を巻き起こしたブゼンキャンドルやティコティコタックの例もある。

 今年はハープスターこそ出走しないものの、同馬をオークスで破ったヌーヴォレコルトが出走予定。他にもレッドリヴェールは2歳女王の復権をかける。上がり馬では未勝利勝ちからローズSで2着に食い込んだタガノエトワールらがスタンバイ。実績馬と上がり馬のラスト一冠をかけた激突に注目だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN