JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第18回 秋華賞特集 2013年10月13日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝2000m

【デニムアンドルビー】

前走の約10日後から坂路で休みなく入念に乗り込まれ、ここ2週は内田騎手を背にWコースで併せ馬を消化しており、調整過程は順調だ。今週は格下馬2頭を追いかける形の追い切りで、4角で最内から並びかけると、軽く気合をつけられて中の馬と併入した。手応えこそ併走馬には劣ったが、相手も素質馬だけに問題なく、好調子をしっかり維持できている。

【スマートレイアー】

前走から中2週ながら、先週からWコースで長めからの併せ馬を消化するなど、この中間は大一番へ向けての意欲的な調整過程といえる。今週は武豊騎手を背に格下馬を追走し、中間地点で並びかけると、ラスト300m過ぎから軽く追われただけで一杯に追われる併走馬を尻目に楽に先着した。800m51.5秒、ラスト200m12.1秒という時計も優秀で、絶好の仕上がりといえそうだ。

【メイショウマンボ】

前走から中3週で先々週から3週続けてしっかりした追い切りをやれており、調整過程は極めて順調だ。ここ2週は武幸四郎騎手を背に格下馬と併せ、先週はWコースで長めから強めの内容を消化。今週は坂路で中間地点からペースアップし、一杯に追われる併走馬を尻目に軽く追われた程度で大きく先着した。時計的にも悪くなく、好仕上がりと見てよさそうだ。

【エバーブロッサム】

前走から中3週で再度の関西遠征になるが、美浦へ帰厩後も順調に乗り込まれており、調整過程に問題はないと見ていいだろう。今週は戸崎騎手を背に、Wコースで僚馬との併せ馬。1000m67秒前後と時計は平凡だったが、直線はぴったり馬体を並べてゴールまで併走する中身の濃い追い切りを消化した。仕上がり途上だった前走からの上積みは見込める状態だ。

【シャトーブランシュ】

前走から中3週で中間の追い切りが軽めの2本のみと物足りなく映るが、近走も少なめの追い切りで好結果を出しており、調整過程に問題はないと見ていいだろう。今週は助手を背に坂路単走追いで、800m55.1秒、ラスト200m12.9秒というタイムをマーク。終始馬なりで時計こそ平凡だが、軽快な脚どりは目についた。前走時の好状態をしっかり維持できている。

【ウリウリ】

前走から中3週になるが、過去の同間隔時より中間の追い切り本数が増えており、春に比べると体質が強化された証だろう。ここ2週は助手を背に坂路単走で追い切られ、先週は軽く気合をつけられた程度で800m53.6秒の自己ベストをマーク。今週は終始馬なりの微調整にとどめたが、素軽い脚さばきを見せた。前走からの上積みこそ少ないが、好調キープと見ていい。

【ローブティサージュ】

前走後も順調に乗り込まれ、軽めとはいえ追い切りの本数も豊富で、意欲的な調整過程といえる。ここ2週は坂路で僚馬と併せ馬で、先週は岩田騎手を背に軽く仕掛けた程度で800m51.9秒の自己ベストをマーク。今週は少し馬場が荒れ始めた時間帯だった分だけ先週より時計は遅くなったが、動きに問題はなかった。現時点での実力はきっちり出せる仕上がりだ。

【ティアーモ】

前走から中6週と若干間隔あいたが、9月中旬から徐々に調整ピッチを上げ、ここ2週は併せ馬で強めの追い切りを消化しており、調教量に不足はない。先週は坂路で地味な動きだったが、もともと調教では動かないタイプで時計的には自己ベストをマーク。今週はPコースでやはり地味な動きだったが、問題ないと見ていい。前走時の好状態を維持している。

【その他の出走馬】

トーセンソレイユは今回も終い重点の比較的軽めの追い切りだったが、追い出されてからの反応は鋭く、前走からの上積みは十分。セキショウはPコースで先週好タイムをマーク。今週は輸送前だけにやや控えめだったが、動きは悪くなく力を出せる仕上がり。ノボリディアーナは坂路で幸騎手を背に馬場の荒れた時間帯に追われ、まずまずの動きを見せており、状態面に問題はない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN