JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第17回 秋華賞特集 2012年10月14日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝2000m

【ジェンティルドンナ】

前走の4日後には早くも馬場入りを始め、追い切り量も豊富で中間の調整過程は極めて順調だ。今回も追い切りはすべて坂路で、先週は助手を背にしっかりと負荷をかけられ、重い馬場で800m52.6秒の好タイムをマーク。今週は岩田騎手が乗って終い重点に追われ、ラスト200m12.1秒とシャープな伸び脚を見せた。万全の仕上がりと見てよさそうだ。

【ヴィルシーナ】

前走後もきちんと乗り込まれ、この中間は追い切りの本数も増えており、意欲的な調整過程といえる。ここ2週は竹之下騎手を背に坂路で追われ、先週は800mで52.0秒と、重い馬場をものともせず大幅に自己ベストタイムを更新。今週は馬場の荒れた時間帯に追われたが、軽快な脚さばきで絶好の動きを披露した。前走以上の状態と見て間違いない。

【アイムユアーズ】

2ヶ月半ぶりの実戦になるが、放牧を挟んで9月上旬には美浦へ帰厩。その後は順調に乗り込まれており、調教量に不足はない。ここ2週は池添騎手を背に追い切られ、先週はWコースでオープン馬との併せ馬を消化。今週は坂路で単走だったが、回転の速いフットワークで800m49.4秒の好タイムをマークした。引き続き好調キープと見てよさそうだ。

【ミッドサマーフェア】

2ヶ月半ぶりの実戦になるが、放牧を挟んで約1ヶ月前からは美浦に戻って乗り込まれており、調整過程に問題はない。ここ2週は坂路で追われ、先週は助手を背に僚馬との併せ馬を消化。今週は蛯名騎手を背に単走で、ほぼ馬なりの手応えで軽快な動きを見せた。ただ、この中間は強い負荷をかけられた追い切りが無く、その点に物足りなさが残る。

【ハナズゴール】

ローズSを腸炎で取り消したが、先週から追い切りは消化しており、最低限の調教量は確保できた。ここ2週は坂路で助手を背に単走で追われ、先週はほぼ馬なりで800m54.9秒と軽めの内容。今週は途中からペースを上げたが、終いはバテ気味でラスト200mは13.7秒を要してしまった。動きにも物足りなさが残り、今回は仕上がり途上という印象だ。

【ラスヴェンチュラス】

前走後も栗東に滞在して調教されているが、馬場入り開始がやや遅めで、前走の反動が若干気になるところ。この中間は坂路ですべて調教師を背に追い切られ、先週はラスト400mでしっかり負荷をかけられた。今週は終い重点の微調整だったが、余裕残しの手応えでラスト200m12.2秒と鋭い伸び脚を見せた。前走時の状態をしっかり維持できている。

【アロマティコ】

中2週と間隔が詰まっているが、軽めを含めると先週から合計4本の追い切りを消化しており、意欲的な調整過程といえる。ここ2週は坂路で追われ、先週は助手を背に800m54.1秒とやや軽め。今週は佐藤騎手を背にびっしり追われ、ややフラつきながらも最後までしっかり走れていた。大きな上積みこそないが、現時点での力はきっちり出せる仕上がりだ。

【トーセンベニザクラ】

前走後は栗東入りしているが、休み明けだった前走時より調教が強化されており、中間の調整過程は順調そのものといえる。ここ2週はWコースで長めから追われ、先週は竹之下騎手騎乗で1200m79秒前後の好タイムをマーク。今週は武豊騎手を背に、終始馬なりのまま、直線は実に軽快な動きを披露した。絶好の状態に仕上がった印象だ。

【その他の出走馬】

アイスフォーリスは美浦のWコースで週2本ずつ意欲的に追い切られているが、動きはやや物足りなく映り、絶好調時に比べるとまだ一息という印象。ブリッジクライムは栗東入りして調整され、今週の坂路で大野騎手を背に力強い動きを見せており、上々の仕上がり状態。ハワイアンウインドはピンナ騎手を背に坂路で追われ、動きもまずまずで、近走と変わりない状態だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN