JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第17回 秋華賞特集 2012年10月14日(日)15時40分発走 京都競馬場 芝2000m

秋華賞とは

牝馬三冠の最終戦として創設

 1996年に新設された3歳牝馬限定のG1競走。今年で17回目となる。同年以前は桜花賞、オークスに続く牝馬三冠の最終戦はエリザベス女王杯だった。しかし、同レースが古馬に開放されたのに伴い、3歳限定のレースとして新たに秋華賞が創設されることになった。

 創設当初より混合競走に指定され、外国産馬にも出走が認められている。記念すべき第1回の優勝はフランス生まれの外国産馬ファビラスラフイン。同馬は続くジャパンCでも世界の強豪が集まる中、シングスピールとハナ差の激闘を演じ、2着と好走した。

 09年からは国際競走に指定。国際格付けのG1となり、外国馬が最大9頭まで出走可能となった。

波乱の舞台?名牝誕生の舞台?

秋華賞写真

 メジロドーベル、ファレノプシスと時代を代表する名牝が制した後の99年は一転、大波乱となった。

 大外から12番人気のブゼンキャンドルと10番人気クロックワークが飛び込み、馬連94630円。続く00年も波乱の決着。10番人気のティコティコタックが抜け出し勝利。2着に逃げた7番人気ヤマカツスズランが粘り、馬連30010円。

 近年では08年に11番人気のブラックエンブレムが優勝。2着に8番人気のムードインディゴ、3着には16番人気のプロヴィナージュが入り、3連単1098万2020円の超特大万馬券が飛び出した。これはG1史上最高配当でいまだにこの記録は破られていない。このように突然の波乱も起きるが、実力馬が真の強さを見せる舞台でもある。

 まずは、02年のファインモーション。4戦4勝で迎えた本番。単勝1.1倍の圧倒的人気に応え、3馬身半差をつける完勝劇。04年のスイープトウショウはこれがG1初勝利。翌年には宝塚記念、エリザベス女王杯を制し、男勝りの活躍をした同馬の第一歩となった。そして、07年のダイワスカーレット。オークスは回避したものの、桜花賞と合わせ2冠。続くエリザベス女王杯、翌年には有馬記念を制覇。ライバルのウオッカとともに牝馬が時代を牽引した。

三冠をめぐる乙女たちの戦い

 秋華賞創設以来、三冠牝馬に輝いた馬は2頭いる。03年スティルインラブは桜花賞、オークスに引き続きアドマイヤグルーヴに1番人気を譲り2番人気だったが、ここも競り勝ち堂々の牝馬三冠を達成(史上2頭目)。10年アパパネは、オークスではサンテミリオンとG1史上初となる同着1着だったが、ここでは強さを見せつけて見事に優勝。スティルインラブとアパパネはともにローズSでは4着以下に敗れていたが、本番で鮮やかに巻き返したのだった。

 一方、涙を飲んだのが09年のブエナビスタ。桜花賞とオークスでは際どく退けていたレッドディザイアに、最後の大舞台で屈し3着(2位入線から降着)。後に年度代表馬となる歴史的名牝でも牝馬三冠の偉業はならなかった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN