JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
秋華賞特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報 調教情報 レース回顧へ

ブエナビスタ

前走後に軽い爪の病気があったが、9月中旬にトレセンへ帰厩してからは順調な調整を見せており、影響は無いと見ていいだろう。先週、今週共にCWコースで1000m66秒台、強く追われたラスト200mでは11秒台をマークしており動きも良好だ。春からの上積みは感じられないが、力は出せる仕上がりと見てよさそうだ。

レッドディザイア

前走後はいつもと同じくプール調教を併用しながら順調に調整されている。1週前はCWコースで追われたが、直線で追い出されると鋭く伸びてラスト200m11秒台をマーク。今週はいつも通り坂路で追われたが、道中は200mで11秒台を連発しながら800mでも50.2秒という猛稽古を披露した。やや重め残りだった前走からの上積みが見込めそうだ。

ブロードストリート

前走後はプール調教を併用しつつもきちんと乗り込まれており、調整過程は順調だ。1週前は台風の影響で金曜追いになったが、CWコースで1000m64秒前後の好時計を余裕残しでマーク。今週は坂路で追われ、前半こそセーブしたものの、終い追われるとしっかり反応して伸びる好調教を見せた。好調キープと見て間違いなさそうだ。

モルガナイト

中1週で走った後の中2週と間隔が詰まっていることもあって、中間の追い切り量はやや少ない。今週は初コンビとなる秋山騎手が乗り坂路で追われ、軽く気合いをつける程度でラスト200m11.9秒の切れ味を見せた。ただ800mの時計は54.4秒で、前々走の51.9秒、前走の52.1秒に比べると明らかに軽め。馬体回復を重点に置いた調整で、大一番を前にしてはやや物足りない印象だ。

ジェルミナル

この中間も追い切り本数、内容ともにきちんと消化しており、調整過程は極めて順調だ。1週前は台風の影響で金曜追いになったが、CWコースで1000m64秒前後の好時計を余裕残しでマーク。今週は坂路で福永騎手を背に追われ、800mで52.2秒、追ったラスト200mは12.4秒という好時計で、完璧な最終追い切りだった。自分の力はきっちり出せる仕上がりと見ていいだろう。

ミクロコスモス

この中間は3本の併せ馬を含めて入念な調教を積まれており、調整過程は順調そのものと言える。1週前は芝コースでの追い切りになったが、ややかかり気味ながらも素軽い動きを見せた。今週はCWコースで追われ3頭併せの真ん中で直線に向くと、内の格上馬と併走しながら余裕十分の動きだった。好状態と見てよさそうだ。

クーデグレイス

関西遠征で大幅馬体減だった前走を踏まえ、今回はレースの約2週間前から栗東トレセンへ入って調整されている。今週は坂路で川田騎手を背に格下馬を追走する形での併せ馬。仕掛けられるときっちり反応して突き放しラスト200m12.4秒と軽快な伸び脚を見せた。馬体も維持出来ている印象で、好調子をキープと見てよさそうだ。

ワイドサファイア

前走後も順調に調教を消化しており、中間の調整過程は順調だ。1週前は岩田騎手を背にCWコースで一杯に追われ、1000m63秒台の猛時計をマーク。今週も坂路コースで先週と同様、岩田騎手を背にびっしり追われる意欲十分の追い切りだった。ただ動きの方はやや重めに映っただけに、現時点ではこの一追いでの良化に期待という印象だ。

その他の出走馬

ダイアナバローズは1週前に併せ馬でびっしり追い、変則日程の今週は火曜日に坂路で終い重点という調整過程で、動き自体は良くこの馬なりに好調をキープ。ハシッテホシーノは美浦のPコースで2週続けて好調教を披露したが、輸送後の体調維持が課題。デリキットピースはセーブ気味の調整でも思ったほど馬体が回復してこない現状で、好調時に比べると一息の状態に見える。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN