JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
秋華賞特集

 

マイネレーツェル強烈な末脚で再びトライアルで穴

マイネレーツェル写真
ローズSでG1馬を豪快に差し切ったマイネレーツェル
前走のローズSはオークス以来の休み明けで、クイーンSを叩いた1番人気のレジネッタらよりも悪い条件に見えたが、直線外から強烈な末脚で差し切り優勝。410キロ台の小柄な馬だが、重馬場を苦にしない走りを見せた。春はフィリーズレビューを11番人気で制しており、穴メーカーの印象があるものの、桜花賞は6着も勝ち馬とは0.3秒差、オークスは直線で不利があっての9着。クラシックホースとの地力の差は、それほど大きくはない。京都コースも1200mで勝ち鞍があり、平坦もこなす。初の連勝で最後の1冠獲得を目指す。

ムードインディゴ時計がかかるレースがベストか

オークス10着後はクイーンSから始動。同レースでは8着に敗れたが、開幕週で差し・追い込みが利きにくい馬場で外から上がり3位タイの35秒1。休み明け初戦としては悪くない競馬で、続くローズS2着につなげた。春に忘れな草賞での勝利があり、阪神芝コースの適性をあらためて示した。しかし、逆にその分、京都での決め手比べは未知数。前走も道悪だし、速い時計の決着になった時に不安が残る。クイーンSで22キロ増えていた馬体重を、前走で18キロ減らしているのも気がかり。さらなる上積みは見込みづらいか。

レジネッタギリギリまで脚を溜めて桜花賞の再現

クイーンSは古馬のヤマニンメルベイユの逃げ切りを許して2着に終わったが、大外から上がり35秒0で追い込み、負けて強しの内容。ところが前走のローズでは1番人気を裏切る3着。直線半ばまで抜群の手ごたえで行き、いつでも抜けられるように見えたが、最後は追い比べで見劣った。道悪ながら前半1000mが59秒0というペースで、やや気持ち良く前に行き過ぎたのが悪かったか。桜花賞の時のようにギリギリまで脚を溜めて、末脚を爆発させるレースの方が合っていそうだ。仕掛けのタイミングひとつで巻き返しは可能だろう。ジョッキーの手腕にかかってくる。

トールポピーG1・2勝の底力で巻き返し

トールポピー写真
斜行で後味の悪さが残ったが、オークスを制したトールポピー
前走のローズSはまさかの6着に敗れたが、枠順の関係もあり馬場の悪い最内を通らされたのが痛かった。馬体重も休み明けでプラス14キロ。やや緩かっただろうし、本番前の作りと考えれば、叩いての一変は見込める。後味の悪さは残ったが、春はオークスを制し、昨年末は阪神JFを豪快な差し切り勝ち。G1・2勝の実績はメンバー中トップだ。時計が速い決め手勝負の適性は微妙も、一応京都芝コースは2戦2連対。内回りの2000mは未勝利戦で勝っている。同世代に対し、圧倒的に力上位というわけではないが、ここ一番での底力は侮れない。

エフティマイア好走時期が春から夏に集中

桜花賞は15番人気ながら2着に激走し、大波乱を演出。続くオークスでは距離が嫌われたか、またもや13番人気の超人気薄に甘んじたが再び2着に好走した。デビューから無傷の3連勝で新潟2歳Sを制したように、もともと能力はあったのだが、その後の大不振が評価を難しくした。ただ、好走時期を調べると、春から夏にかけての暖かい時期に集中。そう考えると、気温が下がりはじめる秋は微妙な時期だ。クイーンS5着からのローテーションは予定通りも、力を発揮できるかがカギ。また、主戦の蛯名正義騎手が騎乗停止で騎乗できなくなったのも懸念材料。

レッドアゲート心もとなかった紫苑S

オークスでは2番人気に支持されるも6着。フローラSと同様に正攻法の競馬で挑んだが、押し切るまでには至らず、差し馬の餌食になってしまった。フラワーC2着やその前の競馬では、差す形で結果を残しており、乗り方を変えていればオークスでもう少し上位に来られた可能性はある。この秋は中山の紫苑Sから始動。単勝1.5倍の圧倒的1番人気に推されながら3着。逃げ馬を捕らえられず、勝ち馬には切れ負け。休み明けとはいえ、最後の1冠を狙うには心もとない内容・結果だった。今回、初めてとなる関西遠征も課題。

ブラックエンブレム再度の栗東滞在も前哨戦で大敗

栗東滞在で意欲を見せた桜花賞だったが、中間強い追い切りをやらないでの出走。レースでもスタートで出遅れる最悪の展開。それでも勝ち馬とは0.7秒差の10着で、重賞ウイナーの片りんは見せた。その証拠に、続くオークスでは4着に好走。今度は先行して自分の形に持ち込み、力を出し切った。これで秋が楽しみとなったが、前走のローズSが15着に大敗。阪神外回りの適性は微妙だったとはいえ、前哨戦でここまで負けてしまうとかなり心配。前走前から栗東に入り、そのまま調整を続けているが、裏目に出ている感は否めない。

リトルアマポーラ能力は高いがぶっつけ本番

桜花賞は直線大外からメンバー中上がり最速の上がり34秒3の末脚で追い込むも5着。オークスも大外枠を引き、終始外々を回る競馬で7着。自身はいい脚を使っているものの、やはりロスが多い競馬が続いた。決して外一辺倒のタイプではなく、牡馬相手の京成杯では馬群で揉まれるも、しぶとく抜け出して4着という結果を残しており、気楽な立場になれば違う競馬できそう。クラシック上位馬との能力差もほとんどないはずだ。ただ、今回はぶっつけ本番でのローテーション。夏場に体調を崩し、トライアルを使えなかったのは誤算だろう。

オディール京都で重賞勝ちがあり、一発秘める

昨年のファンタジーSを1分22秒1の好時計で優勝した後は、チューリップ賞3着が最高着順。やや早熟の感はあるが、掲示板を外したのは桜花賞での12着のみ。当世代の牝馬ではトップクラスの実力を持っていることは間違いない。本質的にはマイル以下の道中厳しい流れを好位で捌く方に適性がありそうだが、中距離では中団以下に待機し、末脚を爆発させる乗り方ができるなど、自在性がある。前走のローズSは休み明けと道悪でワンパンチを欠いたが、京都の速い上がりを要する競馬の方が向いていそう。展開が向き、直線でうまく捌ければ一発があってもおかしくない。

メイショウベルーガ末脚は強烈で良馬場で見直し

未勝利勝ちはダート戦だったが、春のフローラSで4着に入る走り。開幕週で逃げ馬が残る展開を大外から上がり33秒8の豪脚でグイグイ伸びてきた。そこで芝適性を証明すると、すかさず次走矢車賞で1着。夏場には函館で古馬相手にかもめ島特別を勝った。2走前のクイーンSではムードインディゴとほぼ同じところから直線脚を伸ばしてハナ差先着しており、ジワジワ力をつけてきている。血統面と不良馬場を勝った実績から重馬場のローズは絶好の条件に見えたが、良馬場の方がいいかも。終い一手で他力本願なタイプだが、軽視できない存在。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN