JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
調教情報

ダイワスカーレット

トライアル快勝から、約2週間後に軽い時計を出し始め、1週前、最終追い切りともに終始馬なりでの調整と、若干軽めの印象か。ただ、前走時が春以来の休み明けだったとはいえ、入念に追い切りを消化する完成度の高い仕上がりだっただけに、この中間はオーバーワークを避ける意味での微調整も納得だろう。

ウオッカ

予定していた海外遠征を蹄球炎で断念という誤算はあったが、8月末から約1ヵ月半、坂路コースで軽めとはいえ入念な調教を積まれており、その点での影響は心配しなくて良さそうだ。追い切り内容も、1週前まではWコースで古馬のオープン馬と再三の併せ馬を消化し、最終追い切りは坂路で軽く仕掛けてラスト400mが12.3-12.2秒と好時計をマーク。ほぼ仕上がった印象だ。

ベッラレイア

1週前の追い切りが強め、最終追い切りは軽めというのは、この馬のいつものパターンで、この中間も順調な調整過程という印象。最終追い切りでかかり気味に飛ばし、ラップタイムが若干チグハグになったのは気ががりだが、1週前追い切りでは坂路800mで50.5秒の好時計を出しており、調子自体は良さそうだ。

ローブデコルテ

海外遠征帰りになるが、9月上旬から約1ヶ月間きっちり追い切りを消化しており、調整過程は順調と言っていいだろう。内容的にも、1週前は併せ馬で坂路800mを53.1秒、ラスト200mが12.7秒だったのが、最終追い切りは800mで51.4秒、200mで12.6秒を単走でマークする一変ぶり。好仕上がりは間違いないだろう。

レインダンス

前走から中3週ながら、この中間は坂路800mで54秒を切る速い追い切りを3本も消化しており、意欲的な調整内容を見せている。強めに追われた1週前が800mで52.2秒、8日の月曜日が52.1秒と時計的にも安定しており、上がり目までは期待しづらいが、好調子はキープだろう。

ピンクカメオ

再度の関西遠征を踏まえてか、中間の追い切りは馬なり中心でやや軽めという内容。ただ、1週前追い切りにしても、馬場の荒れた時間に楽な手応えで好時計をマークしており、輸送前の時点とはいえ、調子自体は良さそうだ。

ラブカーナ

前走が関東遠征で馬体が減っていたこともあってか、追い切り開始は9月末と若干遅め。ただ、その分内容はハードで、1週前はWコースで長めからびっしり追い切って全体からラストまで好時計をマーク。最終追い切りも馬場の大外回ってしっかりした伸び脚を見せており、きっちり仕上がったと見ていいだろう。

タガノプルミエール

9月中旬から1ヶ月近く、週に2本ずつ速い時計を出しており、この厩舎の牝馬としてはかなり異例ともいえるハードな調整は大一番への意欲の表れだろう。最終追い切りも、長めから行った割にはラストも踏ん張っており、この馬なりに調子は良さそうだ。

その他の出走馬

アルコセニョーラは、初の関西遠征が課題も、ダートコースで軽快な動き見せ好調キープ。ミンティエアーは、輸送考慮での軽め調教で、本来の動きには一息の印象か。ザレマは、休み明け叩かれての上積み見込める好調教だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN