JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

イシノサンデー 父の名を広めた功労者[1996年]

2年目のサンデーサイレンス産駒

 初年度産駒からフジキセキ、ジェニュイン、ダンスパートナー、タヤスツヨシとGIウィナーが続々誕生、一躍脚光を浴びることになった種牡馬サンデーサイレンス。2年目の産駒も順調に実績を積み上げ、父の偉大さをアピールすることに成功した。

 その2年目の子たちの1頭として活躍したのがイシノサンデーだ。

 この世代のサンデーサイレンス産駒、2歳戦におけるエース格は朝日杯3歳Sを制したバブルガムフェローだった。だがスプリングS勝利後に骨折、春夏シーズンは全休となる。ダンスパートナーの全弟として期待を集めたダンスインザダークも弥生賞1着後に熱発を発症、皐月賞を回避する。

 それでもなおサンデーサイレンスは、牡馬クラシック第一冠に有力馬3頭を送り込んできた。ラジオたんぱ杯3歳Sときさらぎ賞を制したロイヤルタッチ、スプリングS2着のチアズサイレンス、そしてイシノサンデーだ。

安定感を武器にクラシック戦線へ

イシノサンデー写真

 ラジオたんぱ杯3歳Sはロイヤルタッチとアタマ差の2着、ダートに変更となったジュニアCでは5馬身差圧勝、弥生賞ではダンスインザダークから1馬身差の3着……。サンデーサイレンス産駒特有の“鋭い切れ”はなかったが、早めの競馬でパワフルに粘る、そんなレースぶりを武器にイシノサンデーは走ってきた。それゆえ差されて惜敗というケースも多かったものの、安定感は屈指の存在といえただろう。

 ところが皐月賞では一転、控えて差す競馬で勝ち味の遅さを払拭してみせる。

変わり身の鮮やかさと切れ味

 快速サクラスピードオーの逃げを中団馬群でじっくりと追走したイシノサンデーは、勝負どころの4コーナー、外へ持ち出してスパートを敢行する。特に残り200mからの伸びは鋭く、かつ力強く、一気に抜け出して、猛然と追い込んできた1番人気ロイヤルタッチを4分の3馬身差振り切ってゴールを駆け抜けたのである。

 この変わり身の鮮やかさ、切れ味、ロイヤルタッチとのワンツー・フィニッシュで、サンデーサイレンスに対する評価は決定づけられたといえるだろう。

 以後もイシノサンデーは、盛岡の交流戦・ダービーグランプリを勝利して「サンデーサイレンスはダートでも走る」ことを知らしめ、種牡馬としては千葉、青森、鹿児島、北海道と渡り歩いて各地に血を残している。まさに、父の名を高めるために駆けた1頭だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN