G1特集 第77回 皐月賞G1特集 第77回 皐月賞

レース情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 皐月賞 > 2017 > レース情報

皐月賞とは?

レース情報

昨年の皐月賞のスタート。牡馬クラシック三冠の一戦目で初対決となることが多く、力比べのレースとなる。中山の直線を制して、真っ先にゴールを駆け抜けるのは?

牡馬クラシック三冠の第一戦

イギリスの2000ギニーを範として、1939年に4歳(旧表記)牡馬・牝馬限定の重賞競走「横浜農林省賞典4歳呼馬」を創設。当初は横浜競馬場・芝1850mで行われていた。戦争による中断をはさみ、49年より中山競馬場の芝1950mに舞台を移し、現名称の『皐月賞』へと変更。翌50年から現行の芝2000mで行われている。

84年のグレード制導入ではG1に格付け。春の中山開催の最終日に行われ、日本ダービー・菊花賞へと続く牡馬クラシック三冠の第一戦として定着している。95年には地方所属馬にも門戸を開放。10年には国際競走に指定。13年から外国調教馬は9頭まで出走可能となった。

名馬への登竜門

牡馬三冠の中で「最も速い馬が勝つ」と言われている皐月賞。ただし、スピードだけではなく、激しい展開に対応できる持久力や競り合いでの勝負強さが求められる。

過去の優勝馬には日本を代表する名馬が並んでいる。後に三冠を達成し、最強馬への歩みを進めたシンボリルドルフやナリタブライアン、ディープインパクト。古馬となってドバイワールドカップを制したヴィクトワールピサ、凱旋門賞で2年連続2着と健闘したオルフェーヴル。その活躍は世界へと広がり、まさに名馬への登竜門といえる一戦だ。

69年ぶりの牝馬の優勝なるか

今年最大の注目点は牝馬ファンディーナの参戦。前走のフラワーCで圧巻の勝ちっぷりを見せ、勝てば48年のヒデヒカリ以来69年ぶりの快挙となる。果たして紅一点のタイトル奪取となるか。

初対決となる牡馬勢も負けられない。ホープフルSを制して3戦3勝のレイデオロ、共同通信杯の勝ち馬スワーヴリチャード、弥生賞を豪快に差し切ったカデナ、スプリングSの覇者ウインブライトらがスタンバイ。中山の直線で追い比べを制するのはどの馬か、注目のスタートが迫っている。