JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第74回 皐月賞特集 2014年4月20日(日)15時40分発走 中山競馬場 芝2000m

皐月賞とは

牡馬クラシックの第一戦

 イギリスの2000ギニーを範として、1939年に4歳(旧表記)牡馬・牝馬限定の重賞競走「横浜農林省賞典4歳呼馬」を創設。当初は横浜競馬場の芝1850mで行われていた。戦争による中断をはさみ、49年より中山競馬場の芝1950mに舞台を移す。同年、現名称の『皐月賞』へと変更。翌50年から現行の芝2000mとなった。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。春の中山開催の最終日に行われ、日本ダービー・菊花賞へと続く牡馬クラシックの第一戦として定着している。95年には地方所属馬にも門戸を開放。02年に外国産馬の出走が2頭まで認められ、08年には最大7頭までに拡大された。10年には国際競走に指定。13年から外国調教馬は9頭まで出走可能となった。なお、今年は「JRA60周年記念競走」として行われ、馬連を対象に通常の払戻金に売上げの5%相当額が上乗せして払い戻される。

世界へ挑戦する皐月賞馬

桜花賞写真

 G1に格付けされた84年に優勝したシンボリルドルフ。無敗のまま三冠を制覇し、古馬となってG1・7勝を誇る日本の大エースへと成長。海外(米・サンルイレイS6着)への挑戦を果たした。

 その後はトウカイテイオー・ナリタブライアンら名馬を輩出したものの、海外に挑戦する馬は現れなかった。しかし、00年優勝のエアシャカールが英・キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに挑戦(5着)。これ以降、国内でエース級の地位を確立し、海外へ挑戦する皐月賞馬が増えている。

 凱旋門賞に挑んだディープインパクト、メイショウサムソン、オルフェーヴル。ドバイデューティーフリーを走ったダイワメジャー、ロゴタイプ。また、ヴィクトワールピサは3歳で凱旋門賞へ挑戦(7着)。古馬となって挑戦した世界最高賞金のドバイワールドカップで、日本馬として初の優勝という快挙を成し遂げた。

初タイトルをかけた連勝馬が激突

 歴代の優勝馬の中には連勝中の勢いに乗り、G1初制覇を飾った馬が多い。トウカイテイオー、ヴィクトワールピサは4連勝。アグネスタキオン、ネオユニヴァース、ディープインパクトらは3連勝で挑み、初のG1タイトルを手にした。

 今年の出走予定馬では弥生賞を制したトゥザワールドが4連勝。共同通信杯を勝ったイスラボニータは3連勝。きさらぎ賞勝ちのトーセンスターダムはデビュー以来3戦3勝で本番を迎える。

 G1タイトルをかけた初対決はどの馬に軍配が上がるのか。はたまた前走で敗れた馬の巻き返しなるか、目が離せない一戦だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN