JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第73回 桜花賞特集 2013年4月14日(日)15時40分発走 中山競馬場 芝2000m

【ロゴタイプ】

前走から中3週で、中間の追い切りがWコースで軽めを2本だけと物足りなく映るが、元々少なめの追い切りで使ってきており、調整過程に問題ないと見ていいだろう。今週は助手を背に単走で追われ、ゆっくりしたペースから、最後は100mだけ手綱を少し動かしてゴールした。1000mで72秒前後と時計こそ平凡だが、きっちり仕上がったと見てよさそうだ。

【カミノタサハラ】

前走後はプール調教で疲れを取り、3月中旬からは馬場入りを再開してきちんと乗り込まれており、調整過程は極めて順調だ。今週はWコースで蛯名騎手を背に、僚馬2頭を追いかける形の追い切り。直線で最内に入り、ラスト300m地点から追い出されると、鋭い伸び脚を見せて並ぶ間もなく一気に2頭を抜き去った。仕上がりは万全と見てよさそうだ。

【エピファネイア】

前走後はプール調教で疲れを取った後、3月中旬から馬場入りを再開。3月下旬からは軽め中心とはいえ追い切りも豊富で、意欲的な調整過程といえる。今週はWコースで福永騎手を背に、僚馬2頭を追いかける形の追い切り。直線に向いて先行両馬の真ん中に進路を取り、追われてきっちり最先着した。現時点での力を出し切れる好仕上がりだ。

【コディーノ】

前走後は放牧を挟んで3月20日に自厩舎へ帰厩。その後は軽め中心とはいえWコースで豊富な追い切り本数をこなしており、調整過程に問題はない。先週は杉原騎手を背に、単走で長めからの追い切りを消化。今週は横山典騎手を背に僚馬と併せ、1000m70秒台と軽めながら軽快な動きを見せた。大きな上積みは感じないが、好状態を維持できている。

【フェイムゲーム】

前走後はプール調教で疲れを取った後、先週の木曜とレース1週間前の日曜に坂路で追い切りをこなしており、調整過程に問題はないと見ていいだろう。今週はWコースで北村宏騎手を背に僚馬を追走し、直線に向いて内から並びかけると、ゴールまで馬体を併せてしっかり負荷をかけられた。1000m67秒台は自己ベストタイムで、好調をキープしている。

【コパノリチャード】

前走から中6週と間隔は空いたが、中間も休みなく乗り込まれており、調教量に不足はない。追い切りはすべて坂路で、先週は助手を背に単走で800m54.5秒と強めの内容を消化。今週は藤岡康騎手を背に格下馬と併せ、終い追われてきっちり先着した。800m54.4秒、ラスト200m13.2秒という時計も優秀で、状態面に不安はなく、課題は折り合い面になりそうだ。

【タマモベストプレイ】

前走から中3週で再度の関東遠征になるが、先々週から4本の追い切りをこなしており、中間の調整過程は極めて順調だ。先週はWコースで和田騎手を背に格下馬と併せ、1200m79秒台とハードな内容を消化。今週は坂路で助手を背にラスト400mから強めに追われ、ラスト200mで12.3秒の好時計をマークした。近走と変わりなく、好状態を維持できている。

【レッドルーラー】

初の関東遠征を控えているが、前走の5日後には馬場入りを再開して入念に乗り込まれており、調整過程は順調そのものといえる。中間の追い切りはすべて助手を背にWコースで、先週は単走ながら1200m79秒台のハードな内容を消化。今週は3頭併せの大外で、直線だけ追われて最先着し、動きもまずまずだった。実力をきっちり出せる仕上がりだ。

【その他の出走馬】

メイケイペガスターは水曜日に坂路で追われたが、800m61.9秒とごく軽めで馬体も重めに映るだけに、当日までの調整でどこまで変われるか。ミヤジタイガは先週から2週続けてハードな追い切りを消化しており、動きも悪くなく実力を出し切れる仕上がり。クラウンレガーロは先週の坂路で好時計をマーク。今週は輸送前で控えめだったが、状態面に不安はない。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN