JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第73回 桜花賞特集 2013年4月14日(日)15時40分発走 中山競馬場 芝2000m

ライバルたちが激しく激突 中山芝2000m〔Bコース〕

コース図(中山芝2000m)

近年は2分台の決着

 春の中山は連続開催(2〜3回)。その3回中山の最終週に行われる。今年も今開催の前半2日間はAコースを使用。後半6日間でBコースが使用される。馬場はイタリアンライグラスによるオーバーシード。JRAの公式発表によると、全体的には概ね良好な馬場状態だが、低温の影響で洋芝の生育が鈍く、回復が遅れている箇所があるとのこと。また、この時期は週末に道悪になることが少なくない。さらに今年は強風の影響により、走破タイムがかかることを考慮する必要がある。先週のNZTの勝ち時計は1分34秒8と、良馬場ながら時計はかかった。

 皐月賞の時計に目を移すと、昨年ゴールドシップの勝ち時計は2分01秒3(稍重)。渋ったことによる影響が出た。パンパンの良馬場ならば2分00秒を切ってくるが、近3年は2分台の決着となっている。

問われるコーナリングのうまさ

レース写真(中山芝2000m)

 スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。一度ゴール板前を通過して、内回りコースを1周する。最初の1コーナーまでの距離は約400m。1〜2コーナーの中間までは上り坂。向正面の直線は平坦。3〜4コーナーはスパイラルカーブで、緩い下り坂になっている。最後の直線距離は310m。これは中央場所の直線距離としては最も短く、ローカルに近いコース形態だ。4コーナーを回り終えてから、ギアを上げて追い出したのではとうてい間に合わない。残り600m地点が3コーナー過ぎとなるので、カーブで加速する必要がある。コーナリングのうまさ、最後の急坂を駆け上がる底力が要求される。

意外と差しが決まる

 中山コースに限っての過去10年のペースは、平均ペースとややスローペースが半々。昨年は特殊でレース全体の上がりが非常にかかる前傾ラップとなった。それによりゴールドシップ、ワールドエースという追い込みに近い2頭によるワン・ツー決着。これはハイペース→前崩れという形となり、ある意味セオリー通りと言えるかもしれない。しかし、例年のような平均からややスローになった場合は、道中の位置取りはもう少し前である必要がある。中団から進めて末脚を生かせる馬が勝ちやすい。小回りコースということを意識し、逃げ〜先行勢ばかりを狙うのはあまり得策とは言えない。意外と差しが決まる。

 中山芝2000mは一般的に内枠有利だが、このレースではその傾向があてはまらない。過去10年(中山開催のみ)の枠順傾向は、7枠が【4.0.2.21】で最多勝利を挙げている。8枠も【2.2.1.22】で、連対率は7枠に並ぶ好成績。連対率のトップは3枠と5枠で16.7%。1枠と2枠の連対率はともに11.1%。4枠と6枠からは連対馬が出ていない。つまり枠はほぼフラットと考えていいだろう。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN