JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第72回 皐月賞特集 2012年4月15日(日)15時40分発走 中山競馬場 芝2000m

皐月賞とは

クラシック三冠の第一弾

 1939年、イギリスのクラシック競走である2000ギニーに範を取って、3歳(現表記)牡馬・牝馬限定の「横浜農林省賞典4歳呼馬」として創設。舞台は横浜競馬場芝1850mで行われていた。43年からは東京競馬場芝1800mで実施。47年には「農林省賞典」と改称され、距離が2000mに延長された。49年には現在の「皐月賞」と改称され、舞台を中山競馬場芝1950mに移した。翌50年からは現在の2000mで行われている。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。95年、地方馬の出走が認められた。02年には外国産馬の出走が2頭まで可能となり、08年からは7頭の出走が認められた。10年、国際競走に指定され、外国調教馬は9頭まで出走可能となった。昨年は東日本大震災による影響で中山競馬場が開催中止となり、1週繰り下げて東京競馬場芝2000mで行われた。

 皐月賞は、日本ダービー、菊花賞と続くクラシック三冠の第一弾。同レース4着までの馬には日本ダービーの優先出走権が与えられる。なおトライアルレースは弥生賞、スプリングS、若葉Sである。

多士済々の若駒たちによる名演

皐月賞写真

 名勝負と呼ばれる熱戦、実力馬の圧勝、あっと驚く大波乱。皐月賞には数々のドラマが凝縮している。古くは、無敗でこのレースを制して競馬ブームに火をつけたハイセイコー、流星の貴公子テンポイントに5馬身差をつけて勝利した天馬トウショウボーイ、単勝16番人気の低評価を覆して逃げ切ったカツトップエース、皇帝時代の幕をあけたシンボリルドルフ、圧倒的な人気に応えてコースレコードで駆け抜けたナリタブライアン…。

 過去10年では、単勝万馬券の大波乱を演出したノーリーズン、サクラプレジデントとの壮絶な叩き合いを制したネオユニヴァース、3コーナーから動いて直線で楽に突き抜けたディープインパクト、弥生賞と同じようにラチ沿いから抜け出したヴィクトワールピサ、3馬身差で完勝して本格化を予感させたオルフェーヴルなど。過去を振り返れば、多士済々の若駒たちによる名演がいくつも思い浮かぶ。

父の偉大さをあらためて証明できるか

 今年の皐月賞には多数のディープインパクト産駒が出走予定。きさらぎ賞勝ち馬で前哨戦の若葉Sを楽勝したワールドエースを筆頭に、デビュー2戦目でラジオNIKKEI杯2歳Sを制したアダムスピーク、3戦連続で重賞連対中のディープブリランテ、すみれS勝ち馬ベールドインパクト、弥生賞3着馬アーデントなど。過去、皐月賞で父仔制覇を成し遂げたのは、10年ヴィクトワールピサ(父ネオユニヴァース)ら7組がいる。史上8組目の父仔制覇によって父ディープインパクトの偉大さをあらためて証明できるか、注目だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN