JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
皐月賞特集
レース情報へ 歴代優勝馬ピックアップへ 過去の傾向へ 血統分析へ コース解説へ 有力馬情報へ 調教情報 レース回顧へ

ロジユニヴァース

前走後は短期放牧を挟んで3月下旬に帰厩。2週前から4本の追い切りを消化しており、調整過程は順調だ。1週前は前半セーブして直線だけ追う形だったが、軽快な伸び脚を見せた。今週は横山騎手が乗って1000mで64秒台の好時計も然る事ながら、先行していた併走馬を並ぶ間もなく抜き去った動きは迫力満点だった。万全の状態と見てよさそうだ。

アンライバルド

前走後はいつも通りレースの5日後に馬場入りを開始し、中間の追い切りも順調に積まれている。先週、今週と2週続けてCWコースで長めから併せ馬というメニューで、特に今週は馬場荒れて時計のかかる時間帯ながら1000m64秒台の好時計を叩き出して併走馬に大きく先着しする好調教を見せた。絶好の状態と見てよさそうだ。

リーチザクラウン

2ヶ月ぶりの実戦となるが、前走のレース4日後に馬場入りを始めて以降、今週まで休みなく乗り込まれており、入念な調整過程には好感が持てる。1週前は坂路で終いびっしり追われて800m51.9秒の好時計をマーク。今週はDWコースで長めから追ったが、1200m77秒台の一番時計を叩き出し、終いまで脚色もしっかりしていた。輸送前だが、現時点では完璧に仕上がった印象だ。

セイウンワンダー

この中間は3月下旬から今週まで、実に4週連続でCWコースで長めから追い切られており、大幅馬体増で凡走した前回を踏まえ、意欲的な調整過程になった。1週前は内田騎手が乗り、ラストはやや要したものの1200m78秒台の速い時計をマーク。今週は1000m64秒台、ラスト200mも12秒台前半と文句なしの時計内容で最終追い切りを終えた。馬体も絞れ、絶好の状態で臨めそうだ。

ベストメンバー

前走後もいつも通りプールと坂路調教を併用しながらの調整で、この中間も近走と変わらず順調そのものと言える。今週は四位騎手が乗って終い重点という内容だったが、雨を含んだやや時計のかかる馬場を物ともせず、ラスト400m12.3−12.2秒と鋭い伸び脚を披露した。前走以上の好状態と見てよさそうだ。

フィフスペトル

中3週でも2週前から毎週きちんと追い切られており、中間の調整過程は順調だ。1週前はWコースで長めから追われたが、時計は地味でも余裕十分の動きを見せていた。今週は坂路で終い重点にとどめたが、併走した格下馬に合わせる感じの動きでラスト200m11秒台の好時計をマークした。前走で仕上がっていただけに上積みまではどうかだが、引き続き好調子をキープという印象だ。

ナカヤマフェスタ

前哨戦の回避等もあって約3ヶ月ぶりの実戦になるが、3月下旬からは順調に追い切りを消化しており、間隔があいた点はそれほど気にしなくていいだろう。先週は蛯名騎手、今週は助手が乗り、Pコースで3頭併せの最内を回る追い切りだったが、相変わらず手前こそ変えないものの2週ともに力強い伸びで最先着と動きは良好。自分の力を出せる状態には仕上がった印象だ。

アーリーロブスト

前走後もトレセンで順調に乗り込まれており、中間の調整過程に問題はない。1週前は格下馬を追走する形で終い重点ながらハードに追われ、ラスト200m11秒台の好時計をマーク。今週は単走でほぼ馬なりという内容にとどめたが、1000m65秒台でラスト200mも12秒台前半と水準以上の時計は出した。凡走後でも状態は良さそうだ。

その他の出走馬

リクエストソングは先週、今週ときちんと追い切られてはいるが、動き自体はやや地味に映り状態面は平行線という印象。ミッキーペトラはもともと坂路で動く馬とはいえ、この中間も好調教連発で調子はかなり良さそう。アントニオバローズは追い切りの動きは悪くないものの、取り消し明けでやや調教量が少ない点は気がかりだ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN