JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
皐月賞特集

皐月賞とは


牡馬クラシック最初の難関

 牡馬三冠レース(皐月賞・日本ダービー・菊花賞)の一冠目であり、5大クラシックレースの第二弾である皐月賞。桜花賞とほぼ同じ足跡をたどっており、歴史は古い。

 1939年、横浜競馬場芝1800mで創設された「横浜農林省賞典4歳呼馬」がその前身。1943年から東京競馬場で行われ、1947年「農林省賞典」と改称されて芝2000mとなった。そして1949年、中山競馬場芝1950mで行われるようになったのを機に「皐月賞」と改称。翌1950年から芝2000mに戻し、現在に至っている。

 名前の由来は旧暦の5月である「皐月」から。当初は5月最初の週や4月最終週に行われることもあったが、1954年からほぼ現在のとおり4月中旬に行われるようになった。

 84年、グレード制導入とともにG1に昇格。95年には指定交流競走となって地方馬へ門戸を開放。02年からは外国産馬も出走できるようになり、現在は7頭まで外国産馬が出走可能となっている。

 なお、4着までの馬には日本ダービーの優先出走権が与えられている。

皐月賞写真多くのファンを集めた馬たち

 牡馬クラシックの第一弾は、「最も速い馬が勝つ」などと言われ、距離体系が整備される以前は快速馬が数多く挑んだ。このためハイペースになることも多く、非常に厳しいレースだった。

 このレースを制した馬には、1973年ハイセイコーをはじめ、アイドル的ともいうべき人気を集めた馬が多い。76年トウショウボーイ、83年三冠馬ミスターシービー、84年三冠馬シンボリルドルフ、87年サクラスターオー、91年トウカイテイオー、94年三冠馬ナリタブライアン、そして05年三冠馬ディープインパクト…。いずれも、多くの熱狂的なファンを生んだ馬たちである。

 NHKマイルC創設後は、スピードよりも中距離適性がもっとも大切な要素になってきている。そして、さらにスタミナをも併せ持った馬がダービー、菊花賞へと挑む。3歳クラシック戦線の趨勢を決める重要なレースである。

近年は大荒れ傾向

 配当的には、過去10年で6回も馬連4000円以上と荒れている。特に過去2年は大荒れで馬連万馬券、3連単も27万円、162万円という超大穴が飛び出している。

 ステップレース(トライアル)は弥生賞、若葉S、スプリングSの3つ。以前は弥生賞断然だったが、近年はこの3つのレースから均等に連対馬を出している。過去10年でトライアル以外から連対したのは01年アーリントンCから直行したダンツフレームのみである。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN