JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
皐月賞特集

 

マイネルチャールズ中山芝2000mの申し子

マイネルチャールズ写真
抜群のコース適性で弥生賞を制したマイネルチャールズ
中山芝2000mは弥生賞、京成杯勝ちを含め4戦3勝2着1回という、同コースの申し子的存在。この時期の3歳馬としては、ある意味異例のキャリアの持ち主だが、皐月賞を最大のターゲットとする意気込みがヒシヒシと伝わってくる。混戦と言われる今年のメンバーの中、唯一の重賞2勝馬でもある。自在性と勝負根性、末脚の持続力がセールスポイントだが、時計の速いレースに関してはまだ未知数。過去を振り返っても、弥生賞→皐月賞と連勝できる馬はそう出てこない。今度はマークされる立場。それを跳ね返す底力が問われる。

ショウナンアルバ折り合いに難も能力は高い

ショウナンアルバ写真
掛かり気味に共同通信杯を押し切ったショウナンアルバ
長期休養を挟みながら未勝利から若竹賞、共同通信杯と3連勝で重賞制覇。共同通信杯は6番人気だったが、道中掛かり気味に先行しながら東京の長い直線を力づくで押し切るという大変に強い内容だった。前走のスプリングSはペースが落ち着いてしまったことで引っ掛かり、途中からハナを切る形になり3着に惜敗。今回は1ハロンの延長。気性的に難しいが、できるだけ抑え込んで走らせた方がいいかもしれない。もっとも、レースがもっと流れる本番では、前走より折り合いはつけやすいだろう。上手く溜めが利けば、押し切る可能性は十分。

ブラックシェル実績はあるが、広いコース向き

重賞勝ちこそないが、大きく崩れたのは内枠で出負けし、直線は大外とロスがあったきさらぎ賞のみ。2歳時のホープフルSですでにマイネルチャールズと0.1秒差の2着の実績があり、前走の弥生賞でも同馬の2着と、順当に巻き返した。能力十分で、コース実績もあるが、本番での逆転となると微妙。クロフネ産駒らしい大トビで迫力あるフットワークが持ち味で、本質的には広いコース向きの印象。ここまで5戦連続でメンバー中最速の上がりをマークしているが、逆にエンジンのかかりが遅く、上手く立ち回れない分ここではどうか。

スマイルジャック複勝率100%の堅実派

スマイルジャック写真
絶好の流れでスプリングSを制したスマイルジャック
デビュー以来、4着以下が一度もない堅実派。勝ち切れない詰めの甘さはあるものの、フサイチアソート、ショウナンアルバらと接戦の実績があり、ここ2走のきさらぎ賞2着、スプリングS1着の実績はフロックではない。ただ、前走のスプリングSはスローペースを2番手追走からの押し切り勝ち。同レースにしては道中付加のかからない一戦で、展開的には恵まれた。本番に向けて地力強化を示した内容ではない。ここでも上位争いに加わる可能性はあるが、突き抜けるためにはもうワンパンチ欲しいのは変わらない。

ノットアローン皐月賞向きの先行力アリ

阪神でのトライアル若葉Sを逃げ切り勝ち。人気のキングスエンブレムやモンテクリスエスを楽々完封して、出走権利を獲得した。2歳秋の未勝利戦・京都芝1800mを1分47秒8の好時計で圧勝しているように、元々能力は高い。気性の悪さが災いし、ここまで不安定な成績となっているが、気分良く走れれば前走ぐらいのパフォーマンスは見せられる。共同通信杯のように溜める競馬はできない馬。それがわかっている以上、今回取る作戦はおのずと決まってくるはず。中山は初めてとなるが、この先行力は皐月賞向き。展開次第では一発ありうる。

フサイチアソート弥生賞大敗も今年の状況ならば

東スポ杯2歳を快勝後は、思い切って休養。ケガによる休養ではなかったため、乗り込み十分で挑んだ前走の弥生賞だったが12着に惨敗した。スタート直後から位置取りが悪くなり、内々の後方に押し込まれる苦しい競馬。レースの流れに全く乗れずに終わってしまった。通常だと前哨戦でのこれほどの大敗は致命的だが、今年は混戦だけに一回の敗戦で見限るはどうか。ハイレベルと目される東スポ杯の優勝馬であることは事実。レースセンスがあり、競り合いに強いタイプなので中山コースが不向きとは思えない。

フローテーション前走で一変した素質馬

前走のスプリングSでは運良く開いた直線最内を巧みに突き2着。鞍上の横山典弘騎手の好騎乗が光ったレースっぷりだったが、流れ的にはスローの前残り。後ろから行って勝負に持ち込むにはあれしかなく、上がり34秒7はメンバー中最速。終い良く伸びた。デビューから連勝でOPの萩Sを制しており、元々能力は高かった馬。ラジオNIKKEI杯2歳Sが道悪、すみれSが休み明けでの凡走と考えれば、前走の大駆けもフロック視はできまい。道中行きっぷりが良すぎるタイプだが、立ち回りの上手さがあり、折り合いさえつけば。

タケミカヅチ嵌れば終い強烈も不安な点多い

夏の新潟芝1600mの新馬戦を上がり33秒0という強烈な末脚で勝利。そんな武器を持っていながらもその後、勝ち星を挙げられないのは、スタートや折り合いに不安を抱えているため。極端な待機策を取ることになれば、最終的には展開に左右される。嵌った例がデイリー杯2歳や共同通信杯の2着。前走の弥生賞はペースが遅くて前へ行ってしまう競馬。これまでと違うレースができたのは新鮮だったが、結局決め手比べで見劣り3着という結果で、本番に向けて明るい材料とは言い難い。混戦向きの馬かもしれないが、G1で勝ち負けの器とまでは…。

スズジュピター連対実績はすべて左回り

ダリア賞のレコード勝ちを含め、過去の2勝は芝1400m。一見マイラーの使い出しに見えるが、休み明けの東スポ杯2歳Sで2着に好走。タニノギムレット×サンデーサイレンスの配合から、中距離が長いということはないだろう。ペースが遅かった前走の弥生賞でもキッチリ折り合い、直線入り口でも手ごたえ十分。それで伸び切れなかったのは、久々のせいか、もしくは中山コース自体が合わないのかもしれない。先行有利の朝日杯FSで掲示板に乗った馬の中では、最も後ろから来た馬だが、ここまでの連対実績はすべて左回りであるのは確か。

キャプテントゥーレマイラータイプも先行力は強み

2歳時にデイリー杯2歳Sで重賞初制覇。同レースは勝ち時計が平凡で、あまり評価をされていなかったが、続く朝日杯FSでは3着。前走から1秒7もの時計を詰めての好走で、さすがに良血馬らしいところを見せた。母がエアトゥーレ、祖母がスキーパラダイスと、牝系が本格派のマイラーなので、牡馬クラシック路線での適性は微妙だが、前走の弥生賞が休み明けで4着。大外枠からの発走だったが、好位で折り合いがついたのは収穫だった。先行力があるのは、ここでは強み。内目の枠を引いて、ポンと出れれば不気味。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN