JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
皐月賞特集


中山芝2000m[Bコース]

コース図最終日も
内外の馬場差はなし

 3回中山開催の最終日に施行される牡馬クラシック第一弾。今開催は前半の2日間がAコース使用で、後半6日間がBコースを使用。セイウンスカイが優勝を飾った98年まではAコースで行われていたが、99年以降は3m外側に仮柵を置いたBコースで行われるようになっている。芝はオーバーシードを使用。この時期になると日中の気温が上昇してくるので、芝の成長は早く、最終日でも芝の状態はほぼ良好。特に内回りコースのバックストレッチは、使用される頻度が少なく、芝の状態がいい。外回りコースとの共通使用で、使用頻度が多い3〜4コーナーの内側だけは少々痛みが出る。それでも全体的見れば、内外の馬場差はほとんどないと言っていい。

直線短くローカルに近い設定

レース写真(中山芝2000m) スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端。単純に芝1800mのスタート地点が200m右へスライドしたところで、内回りコースを1周する。ゴール前の坂を2度越えるので、スタミナも要求されるのが特徴。2000mギリギリしかもたない馬にとってはやや苦しい舞台設定だ。

 そして、最後の直線が310mしかないのが大きな特徴。中央場所の直線距離としては最も短く、ローカルに近いコース形態。最後に急坂が待ち構えるとはいえ、G1クラスのレースになると逃げ・先行馬がなかなか止まらず、4コーナーを回り終えて、ギアを上げての追い出しでは、まず間に合わない。残り600mからピッチが上がるとしても、3コーナー過ぎからのスパートとなるので、コーナーリングで加速の上手さ、ソツなく立ち回れる器用さが要求されてくる。

前半から厳しく流れる消耗戦

 そして、トライアルの弥生賞とは異質のレース展開になるのも大きなポイント。前哨戦ではテン〜中盤が緩いペースで行き、ラストの決め手勝負となるのが大抵だが、本番の皐月賞ではテン〜中盤から厳しく流れて、上がりがかかる消耗戦になりやすい。芝の状態も異なり、各ジョッキーも攻めてくるのでスローペースの上がり勝負にはなりにくい。上がりがかかってもレース全体として要求されるスピード量は増え、良馬場ならば1分59秒台の時計が出る。したがって、弥生賞と本競走との関連性は薄く、これが波乱が起きやい要因となっている。

 前半600mを35秒台のペースで先行し、そのスピードを最後まで持続できる馬が最も信頼できる舞台。ヴィクトリー、サンツェッペリン、メイショウサムソン、ダイワメジャー、コスモバルクなどが好例で、瞬発力よりもロングスパートに対応できる底力を持ち、先行してねじ伏せるような競馬をできる馬が勝ち負けになりやすい。ディープインパクトのように大外からマクリ切るのは、相当能力の差がなければ不可能。4コーナーで外々を回って追い上げる形になった差し・追い込み馬は非常に苦しい。差し馬は馬群を間を縫って、4コーナーで好位に取り付けるタイプでないと厳しい。

 中山芝2000mは一般的に内枠有利だが、皐月賞に限っては特に大きな偏りはなく、全枠ほぼまんべんなく好走馬が出ている。枠順よりも脚質・馬のタイプ(資質)の方が重要だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN