JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

マルセリーナ 僚友の無念を晴らす鮮やかな勝利[2011年]

大本命のリタイアで迎えた桜花賞

 2歳時に新馬、デイリー杯2歳S、阪神ジュベナイルフィリーズと3連勝をマークし、明け3歳初戦のチューリップ賞も4馬身差でぶっちぎったレーヴディソールだったが、1週前に骨折。2011年の桜花賞は、この大本命を欠いての開催となった。

 人気上位は阪神ジュベナイルフィリーズ2着でクイーンC勝ち馬のホエールキャプチャ、ダンスインザムードの娘で桜花賞母子制覇を目指すダンスファンタジア、フラワーCを勝ったトレンドハンター、チューリップ賞2着のライステラスといった面々。

 ここに混じって2番人気。有力馬の1頭として挑んだのが、レーヴディソールと同じ栗東・松田博資厩舎所属のマルセリーナだ。

3歳になって素質が開花

マルセリーナ写真

 同僚のレーヴディソールが2歳女王に輝いく前日、2歳の12月11日にようやくデビューを迎えて新馬勝ちを飾ったマルセリーナ。この時点では輝きに満ちたレーヴディソールの影に隠れる存在だったが、明け3歳の2戦で一気に評価を高める。

 まずシンザン記念では、キャリア1戦の身ながら牡馬に混じって3着。あのオルフェーヴルと半馬身差という大健闘だった。続くエルフィンSでは、スピードあふれる外国産馬ノーブルジュエリーやエアグルーヴの娘グルヴェイグらを一蹴し、素質の高さを示す。

 もともと、父は三冠馬ディープインパクト、母は仏G1馬マルバイユという良血のマルセリーナ。その体内に大レース向きの爆発力が潜むことを血筋と戦績の双方から感じさせて、3歳クラシックの本番へと乗り込むことになったのである。

後方待機から一気の追い込み

 迎えた第71回桜花賞。いきなりマルセリーナは危機に見舞われる。スタート直後に前が狭くなり、想定した位置より遥か後ろまで下げざるを得なかったのだ。それでも鞍上・安藤勝己騎手は慌てることなく、末脚勝負に懸けるべく、後方集団のインで力をためる。

 直線。早くもスパート態勢に入った有力各馬に対し、マルセリーナはやっと外へ持ち出されようとするところ。が、突き抜けられるだけの間隙を発見した瞬間、そこをズバリと割ってマルセリーナは弾ける。

 たちまち前の馬たちを交わし去り、外から追い込むホエールキャプチャを4分の3馬身封じての勝利。栄冠目前でリタイアを余儀なくされた僚友とそのスタッフの無念を糧に、ならば私がとヒロインの座をつかんだ、鮮やかな追い込みだった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN