JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場

オグリローマン あまりにも劇的な桜花賞制覇[1994年]

オグリキャップの妹が笠松から中央へ

 もし競走馬がプレッシャーを感じる生き物だとすれば、オグリローマンにのしかかる重圧はさぞかし大きかったことだろう。なにしろ兄は、あのオグリキャップ。公営から中央へと転身して有馬記念2勝などの成績を残した芦毛の怪物だ。昭和の末から平成にかけての競馬ブームを牽引した歴史的存在である。

 そのオグリキャップが感動のラストランを終えた翌年、1991年の春にオグリローマンは生を受けた。成長し、1993年の夏には兄と同じ公営・笠松で、兄の手綱も取った安藤勝己騎手を背にデビューを果たす。

 初戦こそ2着に敗れたものの、2戦目の初勝利を皮切りに以後は連勝街道を走るオグリローマン。プリンセス特別は3馬身差、ゴールドウイング賞は4馬身差、そして兄も制した年末のジュニアグランプリを3馬身差で勝利し、勇躍、中央へと転入するのである。

チューリップ賞2着で勇躍桜花賞へ

オグリローマン写真

 オグリキャップの妹がやって来た。その事実は当然のようにファンの期待を呼び、中央入り初戦となったエルフィンSで、オグリローマンは1番人気に推される。だが好位からズルズルと後退、9頭立て9着という結果が待っていた。まるでプレッシャーに押しつぶされたかのようなレースぶりだった。

 続くチューリップ賞も2番人気と高い評価を得ての出走。ファンはまだ見放してはいなかったのだ。そんな意気に感じて走るのが、この血筋の特徴なのだろう。あるいは2戦目で中央の水にも芝コースにも慣れたか、オグリローマンは、道中後方から直線で力強い末脚を繰り出す。最後はアグネスパレードの半馬身差2着にまで追い込んで、堂々、有力馬の1頭として桜花賞へ乗り込むこととなったのである。

武豊騎手を背に外から怒濤の差し切り

 第54回桜花賞で1番人気に推されたのは、阪神3歳牝馬S2着、エルフィンS完勝のローブモンタント。続いてフローラS勝ち馬ノーザンプリンセス、そしてオグリローマンという順。トライアル勝ち馬たちを差し置いての高い評価は、恐らく“あの馬の妹”という期待がこめられてのものだったはずだ。

 その熱い思いに、またもオグリローマンは鮮やかに応える。伏兵ツィンクルブライドが粘り、そこへローブモンタントが迫る直線。外から一気に脚を伸ばしたオグリローマンは、怒涛の差し切りで桜の冠を戴いたのである。

 鞍上には、兄のラストランでパートナーを務めた武豊。あまりにも絵になりすぎる、劇的な桜花賞制覇だった。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN