G1特集 第76回 桜花賞G1特集 第76回 桜花賞

レース情報

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 桜花賞 > 2016 > レース情報

桜花賞とは?

レース情報

その名のとおり、咲き誇る桜をバックにスタートが切られる桜花賞。クラシック開幕戦で幾多の名牝を輩出している。スピード決戦を制するのは果たして?

3歳クラシックの開幕戦

イギリスの1000ギニーに範をとり、優秀な牝馬の選定のため、1939年に4歳(旧表記)牝馬限定の「中山四歳牝馬特別」を創設。当初は中山競馬場・芝1800mで行われていた。戦争による中断を挟み、47年に京都競馬場で再開。現名称の『桜花賞』に変更され、距離も現在の芝1600mに短縮された。50年より現行の阪神競馬場で施行されている。

84年のグレード制導入ではG1に格付け。桜咲く仁川のターフを舞台に、3歳クラシックの開幕戦として定着している。95年には指定交流競走に指定。地方所属馬にも出走が認められるようになり、同年には初めて笠松所属のライデンリーダーが出走した。また、04年からは外国産馬にも門戸を開放し、08年からは7頭まで出走可能となった。10年には国際競走に指定。13年からは外国調教馬は9頭まで出走可能となった。

日本を代表する名牝を輩出

阪神競馬場の改修によって、07年からは外回りコースで行われるようになった。それ以前はメジロラモーヌやスティルインラブが牝馬三冠に輝いたものの、牡馬相手には歯が立たなかった。しかし、コース変更をきっかけとして日本を代表する名牝が続々と誕生している。この年、叩き合いを演じたダイワスカーレットとウオッカはともに時代を牽引する名牝へと成長。強豪牡馬を負かして、有馬記念やジャパンカップを制してみせた。

また、ブエナビスタやジェンティルドンナが牡馬を凌駕する実力で国内外で大活躍したのは記憶に新しい。一昨年はハープスターが優勝。その年の凱旋門賞に出走し、日本馬最先着となる走りを見せた。

スピード決戦を制するのは?

昨年暮れの阪神JFで非凡なスピードを見せて快勝したメジャーエンブレム。前哨戦のクイーンCでは逃げて5馬身差の圧勝を演じ、堂々の主役として出走予定だ。

逆転を狙うのが大接戦のチューリップ賞を制して3戦3勝のシンハライト、惜しくもハナ差2着のジュエラー。1分32秒台の速いタイムで駆けた2頭がいざ頂点を目指す。他にもフィリーズRを勝利したソルヴェイグ、同レース2着のアットザシーサイド、エルフィンS1着のレッドアヴァンセなども虎視眈々。スピード決戦を制して桜の女王に輝くのはどの馬か、目が離せない。