JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第74回 桜花賞特集 2014年4月13日(日)15時40分発走 阪神競馬場 芝1600m

桜花賞とは

3歳クラシック開幕戦

 イギリスの1000ギニーに範をとり、優秀な牝馬の選定のため、1939年に4歳(旧表記)牝馬限定の「中山四歳牝馬特別」を創設。当初は中山競馬場・芝1800mで行われていた。戦争による中断を挟み、47年に京都競馬場で再開。現名称の『桜花賞』に変更され、距離も芝1600mとなる。50年より現行の阪神競馬場で施行されるようになった。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。桜咲く仁川のターフを舞台に、3歳クラシックの開幕戦として定着している。95年には指定交流競走に指定。地方所属馬にも出走が認められるようになり、同年には初めて笠松所属のライデンリーダーが出走(4着)。また04年からは外国産馬にも門戸を開放し、08年からは7頭まで出走可能。10年からは国際競走に指定。13年からは外国調教馬は9頭まで出走可能となった。

日本を代表する名牝を輩出

桜花賞写真

 阪神競馬場の改修によって、外回りコースで行われるようになったのが07年。それ以前はメジロラモーヌ、スティルインラブが牝馬三冠に輝いたものの牡馬には歯が立たなかった。しかし、07年をきっかけに日本を代表する牝馬が続々と誕生する。この年、叩き合いを演じたダイワスカーレットとウオッカはともに時代を牽引する名牝へと成長。強豪牡馬を負かして、有馬記念やジャパンカップを制する大活躍を見せた。

 その後もG1で6勝をあげたブエナビスタや三冠牝馬アパパネを輩出。一昨年の優勝馬ジェンティルドンナは牝馬三冠達成後にジャパンカップ連覇、ドバイシーマクラシック制覇の大偉業を成し遂げている。

阪神JFの激戦が再び

 昨年末に行われた阪神JFは3着までが同タイムの見応えある激戦となった。今回も2歳女王に輝いたレッドリヴェールをはじめ、ハープスター・フォーエバーモアが出走予定だ。

 G1初制覇を目指す2頭は前哨戦をそれぞれ快勝。同じ舞台で再び激突する。他にも伏兵馬が勢揃い。桜の女王に輝くのは果たしてどの馬か、注目の一戦だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN