JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第72回 桜花賞特集 2012年4月8日(日)15時40分発走 阪神競馬場 芝1600m

ジョワドヴィーヴルの巻き返しなるか

1)コース変更後も傾向は変わらず、3系統の対決

 過去10年の連対馬は以下の通り。ただ、注意しなければならないのは2006年暮れに「外回り」コースを新設する改修工事がおこなわれている点。桜花賞も2007年以降は「芝1600m・外回り」での開催で、それ以前に比べて直線が122mも延伸されているのだ。

 ところが「以前」と「以後」の傾向は、あまり変わらず。2006年までの5年も、2007年からの5年も、ヘイルトゥリーズン系が3勝、ノーザンダンサー系とミスタープロスペクター系が1勝ずつと、ピッタリ同じ成績となっているのだ。

父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
ヘイルトゥリーズン系
6回 7回 8頭
82頭
7.3%
15.9%
25.6%
ノーザンダンサー系
2回 1回 0頭
35頭
5.7%
8.6%
8.6%
ミスタープロスペクター系
2頭 0頭 1頭
28頭
7.1%
7.1%
10.7%
ナスルーラ系
0頭 2頭 0頭
28頭
0.0%
7.1%
7.1%
その他の系統
0頭 0頭 1頭
5頭
0.0%
0.0%
20.0%

 数の上ではヘイルトゥリーズン系。同系統の6勝はすべてサンデーサイレンス系である。勝率はノーザンダンサー系とミスタープロスペクター系も大差なし。この3代血統の戦いと見ていいだろう。

【過去10年の連対馬の父と母父】

過去10年の連対馬の父と母父

2)必須なのはノーザンダンサーの血

 父の系統とは異なり、母の父で見た傾向にはコース変更後の5年にある動きが感じられる。ダイワスカーレット、ブエナビスタ、アパパネ、マルセリーナと、母の父がノーザンダンサー系という馬が4勝しているのだ。残り1頭は父がノーザンダンサー系のレジネッタだった。

 もともと桜花賞はノーザンダンサー系とのかかわりが深いレース、といえる。父または母父がノーザンダンサー系である馬と、どちらにもノーザンダンサーの血を持たない馬の成績には、次のような差があるのだ。

ノーザンの血の有無 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
ノーザンダンサーあり 8回 4回 6回 89頭
9.0%
13.5%
20.2%
ノーザンダンサーなし 2回 6回 4回 89頭
2.2%
9.0%
13.5%

 「ノーザンダンサーなし」から出た勝ち馬はスティルインラブとラインクラフトだが、スティルインラブは母の母の父がノーザンダンサー、ラインクラフトはノーザンダンサーの4×4インブリード。どうやらノーザンダンサーの血は必須といえそうだ。

3)母系の血に潜む、意外な傾向

 勝ち馬の母について調べると、日本で走った7頭中6頭は1勝以上しており、うち5頭は芝1400m以下のレースを勝っている。またほとんどの馬は、祖先や近親、産駒に重賞級がズラリと並んでいて、血統的な潜在能力は高いといえそうだ。

 上では「スティルインラブとラインクラフトは母の母の父がノーザンダンサー系」と紹介したが、それ以外の勝ち馬8頭の母母父はどうだろうか。

 実は3頭がナスルーラ系で、残り5頭は、リボー系、オーエンテューダー系、ヒムヤー〜ピーターパン系、ロイヤルチャージャー〜ターントゥ〜サーゲイロード系、ハビタット系と、比較的マイナーな血統で占められていることも記憶しておきたい。

年度 母系から出ている活躍馬
2002
アローキャリー
2003
スティルインラブ
兄ビッグバイアモン(ラジオたんぱ賞1着)
2004
ダンスインザムード
姉ダンスパートナー、兄ダンスインザダークなど
2005
ラインクラフト
祖母ダイナシュートは重賞3勝
2006
キストゥヘヴン 
伯母ロンググレイス(エリザベス女王杯)
2007
ダイワスカーレット
兄ダイワメジャー、姉ダイワルージュなど
2008
レジネッタ
近親にティンバーカントリー
2009
ブエナビスタ  
兄アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ
2010
アパパネ
母ソルティビッドはオープン2勝
2011
マルセリーナ
母マルバイユは仏GI勝ち馬

結論

 桜花賞で狙うべき馬は「サンデーサイレンスの血を持っている」、「ノーザンダンサーの血も必須」、「母の母の父はナスルーラ系かマイナー血統」、「母系から重賞級が出ている」ということになる。

 以上の要件をすべて満たすのが、2歳女王ジョワドヴィーヴル。チューリップ賞はふがいなかったが、巻き返して姉妹制覇を果たすことは十分に可能だ。

 除外になるだろうが、出てくれば面白いのがマスイデア。父はリンカーン、母の父ノーザンテースト、祖母はGI馬リンデンリリー、母母父はナスルーラ系ミルジヨージと、実はすべての条件をクリアしているのだ。

【ジョワドヴィーヴルの血統表】

ジョワドヴィーヴルの血統表

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN