JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
桜花賞特集

 

トールポピー底力十分の2歳女王

トールポピー写真
阪神JFを外から豪快に差し切ったトールポピー
前走のチューリップ賞はやや折り合いを欠きながらも中団より前につけての追走だったが、超スローペースで逃げたエアパスカルを捕らえ切れず2着に惜敗。残念な結果ではあったが、休み明けで本番前のひと叩きと考えれば、2歳女王の存在感は示した。また、これまでラスト3ハロン35秒台の脚しか使ったことがなかったのが、前走で34秒1の末脚をマーク。この点は収穫だったと言えよう。ただ、やはり凄く切れるタイプではないので、スローの決め手勝負よりも阪神JFのような消耗戦の底力勝負が希望。ローテーは理想的で2冠を狙う。

オディールスムーズに流れに乗れば逆転も

休み明けで馬体重がマイナス8キロだった前走のチューリップ賞。これが影響したが、スタートが悪く気配も今ひとつ。スローペースの前残りの流れを後方からの追走となり、この時点で前走は終わってしまった。それでも最後の直線では大外から物凄い末脚。メンバー中最速の上がり33秒5で急追し、上位2頭とタイム差なしの3着まで迫った。逆に阪神JFではハイペースに巻き込まれての4着と、ここでも流れに上手く乗れていないのだが、逆に強さを感じさせる内容。スムーズに流れに乗って走れれば、勝利の目も出てくるだろう。

リトルアマポーラ決め手鋭くマイル戦は3戦全勝

4戦3勝のキャリアで、唯一の敗戦が牡馬相手の京成杯4着。また、全3勝が芝のマイル戦。トライアルを使わずに本番へ直行するやや異色のローテーションながら注目の一頭だ。前走のクイーンCが直線外から素晴らしい末脚を繰り出して快勝。時計的には物足りない面があるが、当日の東京競馬場は春一番が吹き荒れ、強風の影響は大きかったはずだ。道中厳しい流れを経験していない点がどうかだが、34秒台の上がりを連発できる決め手は魅力。あとは、前走で12キロ減っていた馬体重の回復具合がどうか。力を出せれば、G1でも楽しみな器。

ブラックエンブレム関東期待のフラワーC優勝馬

ブラックエンブレム写真
着差以上の強さでフラワーCを制したブラックエンブレム
重賞初挑戦ながら圧倒的1番人気に支持されたフラワーCで見事に優勝。最後はレッドアゲートに頭差まで迫られたが、向正面途中からマクリに来た馬に競られる厳しい展開。着差だけ見ると辛勝だが、なかなかの力を持っている期待の関東馬だ。2走前にはマイルのきんせんか賞を圧勝しており、距離短縮は問題ない。ただ、今回はコーナーが2回の阪神。ここ2走のように好枠からポンと出て、力でねじ伏せるような競馬は難しいかもしれない。あとは、初の長距離輸送が課題。当日のイレ込み具合、馬体重の増減には気を配りたい。

エアパスカル逃げ切りで実績馬を完封したが

エアパスカル写真
巧みなペースでチューリップ賞を逃げ切ったエアパスカル
前走のチューリップ賞ではトールポーピー、オディールら実績馬を完封する逃げ切り勝ち。押し出されて初めてハナを切る形となりながら、最後の直線で粘り腰を発揮した。しかし、前半600mが36秒1、1000mが61秒3という超スローペースの流れ。完全に展開に恵まれたもので、本番で同様の流れはまず望めないはずだ。3走前の紅梅S2着もメンバー、レースレベル的に疑問なところがある。ただ、ダート変更となったこぶし賞を除けば芝のレースは5戦2勝、2着3回で連対率は100%。芝ではまだ底を見せていないと言えなくもない。

ポルトフィーノ超良血馬だが課題多い

祖母ダイナカールと母エアグルーヴがオークス馬、半姉にアドマイヤグルーヴを持つ超良血馬。デビュー戦とエルフィンSを圧勝後、挑んだ前走のアーリントンCが8着に惨敗。初めて控える競馬を試みたものの、前半から行きたがる気性は相変わらずでエネルギーをロスし、最後の直線は失速してしまった。牡馬が相手だったことも考慮できるが、本番前の内容としては不安と言わざるを得ない。過去の2勝も完全に上がり3ハロンのみの競馬で、勝ち時計の裏付けもまだない。スケールの大きさは感じさせるが、折り合い面を中心に課題は多い。

エイムアットビップトライアル大敗も見限れない

今年初戦となった前走のフィリーズレビューは、1番人気に支持されるもまさかの10着に惨敗。敗因は馬体重プラス10キロよりも中間の熱発の影響の可能性が高い。ベストに近い1400mの距離で、あの相手に普通はここまで負けるはずがない。まずは、体調が戻っているかどうかが最大のカギとなる。外回りのマイル戦は決して歓迎ではないが、阪神JFで突如差しに回り、3着に好走したあたり非凡な競馬センスを持っている。スピード能力はメンバー中屈指の存在だけに、前走の敗戦だけでは見限れない。

マイネレーツェル低評価覆す末脚も前走が一杯か

夏の小倉でデビューして以来、コンスタントに使われ前走のフィリーズレビューで3勝目をマークするとともに、嬉しい重賞初勝利。大外から強烈な末脚を繰り出し、ゴール前の大接戦を制した。展開が嵌った面は否めないが、小倉2歳S3着、フェアリーS3着の実績があったことを考えると、前走の11番人気はやや軽く見られすぎた感もある。逆に言えば、本番への上積みは乏しく、前走が精一杯の頑張り。勝ち時計も平凡。1ハロンの延長はプラスとは思えず、ここで突き抜けるほどの末脚はイメージしにくい。

ソーマジック3連勝で示した自在性の高さ

初勝利までに3戦を要したが、いずれも適性外と思われるダートの短距離戦を使っての結果。未勝利勝ち後、臨んだ春菜賞では、インコースでキッチリ折り合い、ラスト3ハロン34秒2の鋭い脚で抜けてきての快勝。初芝ながらも適性があるところを証明した。前走のアネモネSでは道中のめりながらも大外をマクって力強く突き抜ける内容で、自在性の高さには特筆すべきものがある。馬場もパンパンの良馬場の方が向いている。あとは相手関係の問題。前走だけでは足りないはず。重賞初挑戦がG1の舞台で、関西の実績馬相手とやってどうか。

エーソングフォー本番直前で不可解な敗戦

2走前の紅梅Sで2着に負かしたエアパスカルが次走チューリップ賞を優勝。この結果を受け、本馬もフィリーズレビューでの勝ち負けが期待され、2番人気に支持されたが14着に終わった。道中中団追走も掛かり気味だったが、それにしても直線はサッパリ。予想外の大失速だった。ハイペースを前々で凌ぎ切ったフェアリーS4着が強い競馬で、前走が能力でないのは明らかだが、本番直前で不可解な負けを喫したのは厳しい。初めてとなるマイル戦も微妙なところ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN