G1特集 第61回 大阪杯G1特集 第61回 大阪杯

血統分析

競馬予想のJRA-VANトップ > G1特集 > 大阪杯 > 2017 > 血統分析

母父ノーザンダンサー系フレンチデピュティのマカヒキに期待!

1)SS系が軸、これを追うのがノーザンダンサー系

今年からGIに昇格したレース。格が上がることで傾向も変化する可能性はあるが、これまでのところはサンデーサイレンス(SS)系が過去10年で8勝と断然の成績を残している。出走馬の半数がSS系とはいえ、勝率も13.1%と立派。1番人気6頭に限れば3勝・2着2回・3着1回の複勝率100%、2〜4番人気が4勝・2着1回・3着1回で複勝率33.3%だから、まずはこの系統を中心視するのが筋だろう。

これを追うのが、2勝、勝率10.5%のノーザンダンサー系。馬券圏内に来た6頭のうち4頭が4〜7番人気、単勝オッズ10倍以上と、SS系に比べてやや穴っぽいのが特徴だ。

ミスタープロスペクター系、ナスルーラ系、SS系以外のヘイルトゥリーズン系は10年間未勝利だ。この3系統から2〜3着に入った6頭のうち4頭は1〜3番人気で、残り2頭も5番人気と6番人気。穴馬が走る余地はほとんどないといっていいだろう。

◎プラス評価……父SS系
 ○プラス評価……父ノーザンダンサー系
 ●マイナス評価…ミスタープロスペクター系、ナスルーラ系、SS系以外のヘイルトゥリーズン系

この表は右にスクロールできます。

父馬の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 8回 7回 3回 61頭 13.1% 24.6% 29.5%
ノーザンダンサー系 2回 2回 2回 19頭 10.5% 21.1% 31.6%
ミスタープロスペクター系 0回 1回 2回 19頭 0.0% 5.3% 15.8%
ナスルーラ系 0回 0回 2回 12頭 0.0% 0.0% 16.7%
その他のヘイルトゥリーズン系 0回 0回 1回 9頭 0.0% 0.0% 11.1%
【過去10年の連対馬の父と母父】

この表は右にスクロールできます。

日付L 馬名 種牡馬 母父馬
2016.4.3 1 9 アンビシャス ディープインパクト エルコンドルパサー
2016.4.3 2 7 キタサンブラック ブラックタイド サクラバクシンオー
2015.4.5 1 3 ラキシス ディープインパクト Storm Cat
2015.4.5 2 7 キズナ ディープインパクト Storm Cat
2014.4.6 1 7 キズナ ディープインパクト Storm Cat
2014.4.6 2 3 トウカイパラダイス ゴールドアリュール マルゼンスキー
2013.3.31 1 5 オルフェーヴル ステイゴールド メジロマックイーン
2013.3.31 2 3 ショウナンマイティ マンハッタンカフェ Storm Cat
2012.4.1 1 11 ショウナンマイティ マンハッタンカフェ Storm Cat
2012.4.1 2 6 フェデラリスト Empire Maker サンデーサイレンス
2011.4.3 1 8 ヒルノダムール マンハッタンカフェ ラムタラ
2011.4.3 2 13 ダークシャドウ ダンスインザダーク Private Account
2010.4.4 1 11 テイエムアンコール オペラハウス ブライアンズタイム
2010.4.4 2 6 ゴールデンダリア フジキセキ ノーザンテースト
2009.4.5 1 8 ドリームジャーニー ステイゴールド メジロマックイーン
2009.4.5 2 11 ディープスカイ アグネスタキオン Chief's Crown
2008.4.6 1 9 ダイワスカーレット アグネスタキオン ノーザンテースト
2008.4.6 2 8 エイシンデピュティ フレンチデピュティ Woodman
2007.4.1 1 3 メイショウサムソン オペラハウス ダンシングブレーヴ
2007.4.1 2 10 シャドウゲイト ホワイトマズル サンデーサイレンス
2)父馬には2400mGIで勝ち負けできる底力が必要

1着馬の父について、2400m前後の成績を調べてみた。メイショウサムソンとテイエムアンコールの父オペラハウスはキングジョージの勝ち馬、ドリームジャーニー&オルフェーヴル兄弟の父ステイゴールドは香港ヴァーズの勝ち馬だ。ヒルノダムールとショウナンマイティの父マンハッタンカフェには有馬記念などの勝ち鞍があり、産駒が大阪杯3連勝中のディープインパクトは日本ダービーやジャパンCを勝っている。大阪杯じたいは2000m戦だが、2400m〜2500m実績が必要といえるだろう。

ダイワスカーレットの父アグネスタキオンは皐月賞を最後に引退したため2400mの出走歴がないが、産駒には日本ダービー馬ディープスカイがいて、距離適性に問題はないはずだ。

○プラス評価……父馬に2400〜2500mGIの勝ち鞍あり
 ●マイナス評価…父馬にもその産駒にも2400〜2500mGIの勝ち鞍なし

3)母の父としてはノーザンダンサー系が中心

母の父の系統別成績で胸を張れるのはノーザンダンサー系。とりわけ父SS系×母父ノーザンダンサー系という配合は5勝・2着5回、勝率19.2%、複勝率42.3%というハイアベレージを残しており、このレースでもっとも狙いたい存在といえる。

「その他の系統」はドリームジャーニーとオルフェーヴル(母父マイバブ系メジロマックイーン)のほか、ダークシャドウ(母父ダマスカス系Private Account)、エイシンフラッシュ(母父ズルムー系Platini)によるもの。上位に来た馬が偏っているわけだが、複勝率60.0%なら今後も無視するわけにはいくまい。

評価を下げたいのはSS系。SS系は種牡馬として好成績をあげているので母父成績が落ち込むのも無理はないが、1〜3番人気に限っても2着2回・3着1回・4着以下3回と冴えない。ナスルーラ系も1〜3番人気の4頭が4着以下に終わっている。

この表は右にスクロールできます。

母の父の系統 1着 2着 3着 出走 勝率 連対率 複勝率
サンデーサイレンス系 0回 2回 3回 24頭 0.0% 8.3% 20.8%
その他のヘイルトゥリーズン系 1回 0回 1回 8頭 12.5% 12.5% 25.0%
ノーザンダンサー系 6回 5回 2回 39頭 15.4% 28.2% 33.3%
ミスタープロスペクター系 1回 1回 0回 13頭 7.7% 15.4% 15.4%
ナスルーラ系 0回 1回 1回 26頭 0.0% 3.8% 7.7%
その他の系統 2回 1回 3回 10頭 20.0% 30.0% 60.0%

○プラス評価……母父ノーザンダンサー系、その他の系統
 ●マイナス評価…母父SS系、ナスルーラ系

4)母父には2400m&マイル適性が必要

以下は勝ち馬の母父について、自身および産駒の2400m適性&マイル適性を調べたものだ。

この表は右にスクロールできます。

勝ち馬の母父 2400m勝ち鞍/マイル勝ち鞍 産駒の2400m級&マイル実績
ダンシングブレーヴ 凱旋門賞/英2000ギニー 英ダービー、桜花賞など
ノーザンテースト なし/1400mG1勝ち 日本ダービー、安田記念など
メジロマックイーン 京都大賞典/なし 目黒記念(2500m)、クイーンCなど
ブライアンズタイム なし/なし 日本ダービー、桜花賞など
ラムタラ 凱旋門賞/なし 富士S
StormCat なし/米BCジュベナイル2着 ベルモントS、サセックスSなど
エルコンドルパサー ジャパンC/NHKマイルC フェブラリーS

極端なスピード血統やステイヤー血統ではなく、マイル戦でも2400mでもGIで勝ち負けできる万能性が求められるといえるのではないだろうか。

○プラス評価……母父かその産駒が2400m&マイルのGIを勝っている

結論

父SS系×母父ノーザンダンサー系という配合が一番手、次いで父ノーザンダンサー系や母父その他の系統というタイプ。いずれも父馬が2400〜2500mGIの勝ち鞍を持ち、母父かその産駒が2400m&マイルのGIを勝っていることが重要だ。

評価を下げたいのはミスタープロスペクター系、ナスルーラ系、SS系以外のヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒と、母父SS系とナスルーラ系。父馬にもその産駒にも2400〜2500mGIの勝ち鞍がないと、さらに苦しくなる。

マカヒキは父ディープインパクト×母父ノーザンダンサー系フレンチデピュティ。父は申し分なく、母父フレンチデピュティからは京都大賞典勝ち馬、桜花賞馬やNHKマイルC勝ち馬が出ている。同じく父ディープインパクトで母父ノーザンダンサー系クロフネ(自身がNHKマイルC勝ち馬、産駒にオークス3着馬など)のステファノス、昨年の勝ち馬アンビシャスも問題なさそうだ。このレースと相性のいい「母父StormCat」のロードヴァンドールも穴に面白そう。

キタサンブラックは母父がナスルーラ系スプリンターのサクラバクシンオー、サトノクラウンは父がノーザンダンサー系Marju(英ダービー2着)ながら母父はスプリンターで、どちらも一枚落ちるイメージ。ヤマカツエースらキングカメハメハ産駒も勝つのは厳しそうだ。

【マカヒキの血統表】

この表は右にスクロールできます。

ディープインパクト
 Deep Impact
 2002年 鹿毛(早来町)
*サンデーサイレンス
 Sunday Silence
 1986年 青鹿(米)
Halo
1969年(米)
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975年
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*ウインドインハーヘア
 Wind In Her Hair
 1991年 鹿毛(愛)
Alzao
1980年
Lyphard Northern Dancer
Goofed
マカヒキ
 Makahiki(JPN)
 牡 4歳 父11歳・母9歳時産駒
 2013年 鹿毛(安平町)
Lady Rebecca Sir Ivor
Pocahontas
Burghclere
1977年
Busted Crepello
Sans Le Sou
Highclere Queen's Hussar
Highlight
*フレンチデピュティ
 French Deputy
 1992年 栗毛(米)
Deputy Minister
1979年(加)
Vice Regent Northern Dancer
Victoria Regina
Mint Copy Bunty's Flight
Shakney
Mitterrand
1981年
Hold Your Peace Speak John
Blue Moon
ウィキウィキ
 Wikiwiki
 2004年 鹿毛(早来町)
Laredo Lass Bold Ruler
Fortunate Isle
*リアルナンバー
 Real Number
 1997年 青鹿(亜)
Rainbow Corner
1989年
Rainbow Quest Blushing Groom
I Will Follow
Kingscote Kings Lake
Bold Fantasy
Numeraria
1989年
Southern Halo Halo
Northern Sea
Numismatica Salt Marsh
Nut