JRA公式データ配信サービス JRA-VAN

馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬データによる競馬予想の楽しさをご紹介。

  • メール:office@jra-van.jp
  • 受付時間:10:00〜17:00
  • ※競馬開催のない土日祝・火曜を除く
  • ホーム
  • サイトマップ
  • JRA-VAN広場
第75回 優駿牝馬(オークス)特集 2014年5月25日(日)15時40分発走 東京競馬場 芝2400m

優駿牝馬(オークス)とは

牝馬クラシックの2戦目

 1938年にイギリスのクラシック競走であるオークスステークスを模範とし、4歳(旧表記)牝馬限定の定量重賞「阪神優駿牝馬」として創設。当初は阪神競馬場・芝2700mで行われていたが、43年に現行の2400mへと短縮された。戦争による中断の後、46年に東京競馬場で「優駿牝馬」の名で再開。創設から52年までは秋に行われていたが、53年から春に施行されるようになった。65年に現在でも親しまれている「オークス」の副称がつけられた。

 84年のグレード制導入ではG1に格付け。現在では桜花賞に続く牝馬クラシックの2戦目として定着している。95年には地方馬にも門戸を開放。03年からは外国産馬も出走可能となった。10年には国際競走に指定され、昨年から外国調教馬は9頭まで出走可能となった。

世界で通用する牝馬を輩出

オークス写真

 以前は牝馬クラシックを優勝した馬でも牡馬との戦いでは苦戦することが普通だった。しかし、96年優勝のエアグルーヴは翌年の天皇賞(秋)で並み居る強豪牡馬を撃破。ここから牝馬の枠を超えた歴史的名牝が現れるようになった。

 ブエナビスタ(09年)は古馬となり、時代を牽引する名馬へと成長。天皇賞(秋)やジャパンCを制覇し、ドバイ遠征も果たした。一昨年優勝のジェンティルドンナは史上初となるジャパンC連覇を達成。今年はドバイシーマクラシックを優勝する偉業を成し遂げている。

桜花賞との二冠制覇は7頭

 G1に格付けされた84年以降の30回で、桜花賞との二冠制覇を達成したのは7頭。メジロラモーヌ、マックスビューティ、ベガ、スティルインラブ、ブエナビスタ、アパパネ(サンテミリオンとの同着優勝)、ジェンティルドンナといったそうそうたる面々だ。

 桜花賞で強い競馬を見せたハープスターがその仲間入りを果たすのか、はたまた他馬の逆襲があるのか、目が離せない一戦だ。

ページトップへ戻る

競馬予想のJRA-VAN